2016年4月18日        (月曜日)      02:14UP        曇          No.5716

 

 熊本や大分が地震で苦しんでいます。助け合いの心をいただければ有り難いです。

 「岡田りぽーとメモ電速報」はてなブログへ

 2016年4月15日      (金曜日)      16:42UP        晴          No.5715

 

 企業版「ふるさと寄附金制度」始動。

▼神奈川新聞二面 2016年4月15日

企業もふるさと納税

 対象事業夏ごろ決定

       改正法成立

 改正地域再生法が14日成立し、ふるさと納税の企業版が本年度からスタートす
る。企業が社会貢献の一環として、応援したい地方自治体の地域活性化事業に寄
附すると寄付額の約6割分が税金から引かれる仕組み。対象事業の第一弾が夏ごろ
に決まる見通しだ。企業が多い東京都などに偏る税収を地方に移すことで地方創生
を後押しするのが狙い。

 国は、自治体への企業寄付の総額が現状の年間約2
00億円から2倍の約400億円に増えると見込む。
個人のふるさと納税のように広がるかは未知数で、自
治体の取り組みが課題となる。企業への制度周知など
では国の支援も求められそうだ。
 企業が本社所在地以外の自治体に寄付すると、寄付
の3割に当たる額が地方税の法人住民税と法人事業
税、国税の法人税から差し引かれ、これまで認められ
ていた分と合わせて約6割が軽減される。納めている
税金の額によって差し引ける上限が定められている。
寄付の対象は、効果が高いと国が認定した事業。近
く自治体の担当者に制度を説明した後、募集を始め、
3ヵ月以内に最初の認定を出す方針だ。税収が多い東
京圏(東京、埼玉、千葉、神奈川の4都県)の一部自
治体は寄付を受けられない。
 自治体は寄付してくれそうな企業に働き掛けができ
る。例えば長崎県は、世界遺産登録を目指す文化財の
保護などで寄付を募る考えだ。文化財に関心が高い企
業や教育関連業界に狙いを定める。
 一方、企業はイメージ向上が見込める。税金の軽減
の拡大で寄付しやすくなるが、それでも寄付額の約4
割は自己負担。先行する個人のふるさと納税は200
8年に創設された。自治体に寄付すると所得税などが
軽減され、自己負担が2千円。特典がもらえる場合も
あり、企業版はそれに比べると恩恵が小さい。
 また自治体と企業の癒着を懸念する声もある。この
ため、寄付額の一部を補助金として企業側に環流する
行為や公共事業、物品調達などの入札での便宜が禁止
された。

 2016年4月10日      (日曜日)      23:20UP        曇           No.5714

 

 北鎌倉「高フ洞門」開削工事、隣接地所有者が工事中止の仮処分申請を横浜地裁へ提出しました

 ▼神奈川新聞24面 2016年4月8日(金)

北鎌倉「高フ洞門」開削工事

中止の仮処分申請 隣接地所有者

 緑の洞門」の愛称で親しまれているJR北鎌倉駅脇の
「北鎌倉トンネル」について、鎌倉市が進めている
開削工事によって土地の所有権が侵害されるとして、
隣接地の所有者の男性が7日、市と請負業者に工事の
中止を求める仮処分を横浜地裁に申し立てた。
 申立書によると、男性はトンネルに隣接する土地約
10平方bを所有。一般の通行を認めてきたが、開削工
事に絡み市から所有地の一時使用の通知を受け、「安
全対策が目的の工事とは認められない」と拒否した。
施工によって「土地が崩落する危険性が極めて高く、
通行部分の使用が妨げられる」と主張し、協議が整う
まで工事に着工しないことなどを求めている。
 仮処分は民事保全法に定められた手続きで、通常の
訴訟よりも迅速に進み、決定後直ちに効力が生じる。
男性を含めた周辺住民でつくる市民団体「北鎌倉緑の
洞門を守る会」の出口茂代表(63)は、「開削工事は風
情ある景観をぶち壊すもの。何としても止めたい」
と話した。市は「情報がないのでコメントできない」
としている。
 市は落石の危険性などからトンネルを岩盤ごと切り
崩し、道路幅を4肩に拡大する工事を計画。今月4日、
工事準備に着手したが、景観を守ろうと保存を求める
声も上がっている。
 北鎌倉トンネルを巡っては、別の住民らが松尾崇市
長に工事費を支出しないよう求める住民訴訟を提起
し、横浜地裁で係争中。
(報道部)

 2016年4月7日      (木曜日)      07:01UP        小雨           No.5713

 

 北鎌倉、「高フ洞門」開削問題。

▼神奈川新聞21面 2016年(平成28年)4月7日(木) 引用

 文化人や住民が愛した北鎌倉の景観の一つ、「緑の洞門」と称される素掘
りの「北鎌倉トンネル」を山ごと切り崩す開削工事が迫る中、事業主体の鎌
倉市の正当性が揺らいでいる。市が根拠としてきた落石の危険性について、
トンネル工学の第一人者は「安全性は担保できる」と反論。現場に隣接する
円覚寺も、前最高責任者が「開削はむちゃくちゃだ」と声を上げた。景観と
安全を両立する対案が住民から出される中、それでも、ささやかな情景は失
われるのか。    
(斉藤 大起)

北鎌倉「高フ洞門」開削問題

  ■権威の反論

 「現状の洞門は少し手を入れれば安全性を担保できると思わ
れます」。トンネル工学の権威、小泉淳・早稲田大理工学術院教
授は明言する。保存を求める市民を通じ、3月末に出したコメ
ントの一節だ。小泉教授は昨年、市が日本トンネル技術協会に委
託して同トンネルの安全性を検証した際の検証委員の一人で、
公然と市の決定に反論するのは異例といっていい。
検証委員は、トンネルのある岩塊の安定性を調べるととも
に、補強して保存する場合と、開削する場合の費用対効果を検
証。その報告書を踏まえ、市は昨年8月末に開削を決定した。
報告書自体は判断材料を提供しただけで、開削の是非の結論
は出していない。だが、小泉教授は今回のコメントで、委員会
を開いた市の姿勢について「結論ありき」の方針が「これほど
明確な委員会はほかになかった」と指摘。安全性については
「景観に配慮した補強方法も十分に考えられます」と保存
の可能性も示した。これに対し、市道路課は「小泉教授も含め4
人の委員の意見が入っており批判は当たらない」と反論する。
情景は失われるのか

  ■揺らぐ根拠

 開削の理由は「総合的な判断」(同課)。具体的には、これま
での市当局の話を総合すると
@落石の懸念
A現状では緊急車両が通行できない
B保存の費用対効果の悪さ
C史跡としての価値に乏しいーといった根拠による。
しかし最近、これら主張に対する反証が相次いでいる。
「@落石」への対策は、小泉教授も指摘するように補強で保
存を実現した前例がある。隣の逗子市は、中世以来の交通路で
ある名越切通を保存するため、ボルトや充填剤で岩盤を補強した。
「A緊急車両の通行」も、実は対策済みだ。市消防本部は
鎌倉特有の狭い道をリストアップし、消火栓や患者搬送用のス
トレッチャーの使用を想定、図上訓練も重ねているという。
「B費用対効果」の面では、市民団体「北鎌倉緑の洞門を守
る会」が情報公開請求を踏まえ、市の試算に「数字の操作」があ
ると指摘した。開削、保存双方のコストを比較する際、市はト
ンネルの管理期間を40年の長期間に設定した上、開削の場合に
は「5年に1度」と定めた保守点検の頻度を、保存の場合だけ
「毎年」と設定。同会は「保存の費用が不利になるよう水増し
した」と批判している。

  ■価値ない?

 「C史跡としての価値」も、歴史学者らによる史料の調査
で、市の従来の見解が覆されつつある。同トンネルを含む尾根
は、中世以来の景観で、鎌倉の領域を外界から隔てた重要な
「結界」だったという。歴史家らでつくる「北鎌倉・円覚寺の
谷戸景観の保存を求める有志の会」が明らかにした。
従来、この尾根は1889(明治22)年の横須賀線敷設によっ
て原形が失われたとされ、市議会でも文化財部が「線路部分で
削られ(略)宅地化によって削られた」「(尾根の)先端が大き
く破壊され(略)旧状をとどめていない」と答弁した。
対して、史料を示し反論するのが、伊藤正義・鶴見大文学部
文化財学科教授だ。旧陸軍陸地測量部や国土地理院などが作成
した年代別の地形図7枚を比べ、同線の開通や複線化、宅地
化などを経ても尾根の形状に大きな変化が見られないと結論づ
けた。「私は実証主義者だ。市の主張は当たらないと言える」
そもそも、市が「史跡の価値は失われた」と主張した根拠は、
明治期に描かれた観光客向けの鳥瞰図だった。当然、地形図の
ような正確さはない。だが、市文化財部は「伊藤教授の示す地
形図の信憑性は低い」と強弁するばかりだ。

  ■異例の発言

 「鎌倉こそ、ああいう風景を残さなければならない」。臨済
宗円覚寺派の管長を30年にわたり務めた足立大進前管長が、こ
の問題について初めてロを開いた。トンネルに隣接しながらも
沈黙を貫いてきた円覚寺の関係者、しかも宗派の最高責任者だ
った人物の発言は異例で、保存を求める住民らも驚いている。
本紙のインタビューに応じた足立前管長は、3月下旬に独り
市長を訪ねたことを明かした。「もう一度考え直してほしいと
お願いしました」。思い余っての直談判だったが、市長は「既
に決まったことだ」との回答を繰り返したという。
複数の市民グル-プの保存案を挙げ「様子を見ればいいと思
います。せめて、もう少し時間を掛けて再検討する気持ちを示
してくれれば…」と唇をかむ。

  ■坊さんの心

 トンネルは現状では、史跡や文化財に指定されていない。し
かし、古くから街の一角になじんだ何げない風景をこそ、足立
前管長は愛する。檀家を訪ね市内の山崎地区へ通った際に何度
も歩いた、狭い切り通しの情景が忘れられないという。後に開
削され、周辺も開発された。「惜しいことをしたと思いますね」
足立前管長は、自ら聖域の在り方をも内省する。昭和30年代、
急速に進んだ宅地化か鶴岡八幡宮の裏山にまで迫った時、市民
や作家、学者とともに僧侶たちも反対の声を上げた。古都保存
法の制定につながった「御谷騒動」だ。翻って今回は−。
「坊さんの心を忘れた人もいるのではないかな」。足立前管
長は重々しく語った。トンネル開削は、敷地が隣接する円覚寺や
その塔頭にも無関係ではない。「地所が広がると期待する人も
いるでしょう」と、檀家や墓所を増しつつある近年の傾向に疑問
を投げかける。「洞門はわずかに残された"文化財"(的存在)です
から、なんとか守ってほしい。鎌倉には高守った歴史がある
のですから」

 【小泉教授コメント全文】

 私は日本トンネル技術協会に委託された本検討会の委員
であったため、メッセージを出すにはかなりの抵抗があり
ます。しかし、今まで参加した委員会の中でも、この委員
会の結論には何となくすっきりしないものがあります。「結
論ありき」の委員会も多くありましたが、これほど明確な
委員会はほかになかったように感じています。「何を目的
に道路を拡幅するのか」が、解けない謎です。どのような
ものでも一度破壊してしまえばもとに戻すことはできませ
ん。現状の洞門は少し手を入れれば安全性を担保できると
思われます。しかも、景観に配慮した補強方法も十分に考
えられます。開削はいつでもできます。本当に保存できな
いかどうかを再度検討されることを望みます。
早稲田大学理工学術院
教授 小泉淳

 ◆北鎌倉トンネル開削問題 

 市が落石の危険などを理由に計画、今月4日に工事準備に着手した。
トンネルは高さ2b、長さ約7b、幅2.5bで、少なくとも80年以上前に岩を
掘り抜いて造られた。中世以来の交通遺跡として重要との指摘もある。
地権者は市やJR、寺院、住民など複数。
市は2014年8月、トンネルを含む岩盤を完全に崩し、道路を4bに拡
幅する案を提示。市議会は15年10月、8200万円の工事費支出を承認した。
複数の市民グループは「景観の維持と安全確保は両立可能」と保存を
求める。2万筆を超える署名提出に加え、逗子市の名越切通に倣った補
強や、安価なライナープレート(波形鋼板)をトンネルにはめ込むなど、
複数の対案も。 21人の学識者は今月1日付で開削に反対する緊急アピー
ルを出した。
住民22人は今年1月、開削工事は違法な公金支出に当たるとして、松
尾崇市長に工事費を支出しないよう求める訴えを横浜地裁に起こした。

以上、引用終了

▼4月5日現地の鎌倉側からパチリと撮影(岡田)

 2016年4月1日      (金曜日)      16:55UP        晴たり曇ったり           No.5712

 

 鎌倉市防災安全部総合防災課が3Dの津波シミュレーションを発表しました。

 鎌倉市は過去に津波シミュレーションの2次元動画を
発表していましたが、視聴者側としては迫力に乏しく
3Dの動画が待たれていました。

 やっと今日(4月1日)発表されました。
下記の告Fの文字をクリックすると見ることが出来ます。

 地震や津波に遭遇したら、高台へ逃げることが第一と
分かると思います。

鎌倉市/鎌倉市津波シミュレーション動画

 2016年3月21日      (祝 月曜日)      23:50UP        晴たり曇ったり           No.5711

 

 PCの記事を携帯用電子機器で手軽に見るには…

 最近はパソコンで電子記事を読むよりも携帯用電子機器で検索するなど、そんな機器を愛用する
読者が増えているという。そういえば、私の「岡田りぽーとメモ電速報」も携帯用電子機器では
見づらい。その点では携帯用電子機器でも快適に見ることが出来る"はてなブログ"の「岡田りぽーと」
実験的に開設し、iphone等でも気軽に記事を読めるようにしてみました。
 試験的開設ですが、もし使い勝手が良ければ広告など廃した有料ブログへの転換を考えたいとも思っています。

 2016年3月15日      (火曜日)      22:41UP        晴           No.5710

 

 岡田りぽーとA面

 2016年3月06日      (日曜日)      18:31UP        雨         No.5709

 

 来年度「企業版ふるさと寄附金」を迎え撃つ体制が出来ているのか、はなはだ疑問です。

 2016年度、ふるさと寄附金で横浜市は29億円、川崎市は14億円の減収を
見込んでいる。16年度から企業版ふるさと寄附金が始まる。これは
財政力指数が1以上の自治体では適用不可で、神奈川県や横浜市、
川崎市は適用可能。鎌倉市は適用不可で、しっかり考えてやらないと
バケツの底が抜けているようで、鎌倉市の幹部は本当に事態の深刻さが...
分かっているのか今の私はとても不安です。多分そこまで考えてない
と思うんだけど・・・他の自治体はブースターとして企業版
 ふるさと寄附金は使えるけど鎌倉市は使えないのだ。それを見越した体制が
作れている現状なのか、いや、作れていないというのが今の私の認識です。

 市町村税二分化進む 神奈川新聞Web版  2016年3月4日

 2016年3月03日      (木曜日)      20:40UP        晴         No.5708

 

 来年度「ふるさと寄附金推進事業」について(予算事項別明細書の内容説明から)

 ふるさと寄附金推進事業では平成28年度は寄附金を約2億円と鎌倉市は見込んでいます。
寄附金の使途はいろいろありますが、その中に「使途指定なし」という項目があり、
この項目は寄附金額の多寡からいって上位2位を占め来年度は約4300万円見込んでいて、
これに従事する職員3人分の年収を遙かに上まわっています。
 :現在はこれを人件費等運営費に充てずに「使途指定なし」は「一般寄付金」として処理され、一般会計に溶け込む仕組みになっています。
私自身は「使途指定なし」を完結的に「ふるさと寄附金推進事業」に当てれば、人件費部分を確保した上に利益率も高まるだけではなく、
会計的にもすっきりと透明感を確保できると考えています。
 今のところ「使途指定なし」は一般寄付金に溶け込ませる方針なので残念だと思っています。
今後は、運営的にすっきりとした完結型に変えていってもらいたいと私自身は強く望んでいます。

 2016年2月28日      (日曜日)      17:51UP        晴         No.5707

 

 ふるさとチョイス発表の資料(参考)

 東京新聞の2月10日朝刊や佐賀新聞など地方紙が発表していた「ふるさと寄附金額」の
2015年度の全国ランキングです。下の右表は2014年度の表でふるさと寄附金の全国10位までの表ですが、
宮崎県都城市は2015年が2014年の約7倍程度にふるさと寄附金が上昇しています。
 静岡県焼津市は2015年は突如として全国2位に躍り出ています。2014年は全国1位の平戸市は
2015年は3位になっていますが、前年度比較で約2倍程度に寄附金を集めています。
 鎌倉市は2015年は1億、2016年は約2億円を目標値にしていますが、県内自治体のふるさと寄附金への
参戦が予想されることと鎌倉市民が他市町村へ寄附することを考えると、かなりしっかりした
戦略を立ててふるさと寄附金獲得へ望む必要があると思います。

 2016年2月27日      (土曜日)      15:42UP        晴         No.5706

 

 ふるさと寄附金獲得競争に綾瀬市も参戦しました。

▼神奈川新聞 相模原・県央版 2016年2月24日(木)

綾瀬市

寄付者に「お礼の品」

ふるさと納税で方針 ものづくりアピール

 特典付きのふるさと納税が人気を集める中、綾瀬市
も2016年度から、1万円以上の寄付者に市ゆかり
の返礼品を贈る方針だ。製造業が盛んな「ものづくり
のまち」を市外に売り込み、市の知名度向上と販路拡大
も狙う。
 市は、政令市を除いて県内最多の工業事業所数を誇
る。返礼品は、市内で製造される電子機器や金属製品
などを想定。高額寄付者向けにタブレット端末やデジ
タルカメラも検討している。市内産豚のハムやみそ
漬けといった名産も加える予定。4月に参加事業者を
公募し、7月にも返礼制度を始めるつもりだ。
 民間研究所の調べによると、全国自治体の14年の知
名度ランキングで綾瀬市は520位と、県内市で最下
位に沈んだ。市は返礼制度などでシティーセールスを
進め、19年までに近隣の海老名市や座間市と並ぶ30
O位以上を目指している。
 16年度当初予算案に製品代や手数料などとして、3
49万円を計上。年間500万円の寄付を見込む。14
年度の市外の個人からの寄付は、2件計1万6千円だ
った。            (川島 秀宜)

 2016年2月24日      (水曜日)      15:42UP        曇         No.5705

 

 ふるさと寄附金獲得競争に神奈川県も実質的に参戦しました。

 今日の神奈川新聞社会面に神奈川県もふるさと寄附金競争へ
参戦すると記事が出ていました。予想通りの展開で鎌倉市はしっかり
した考え方をもってスピィーディーに事業展開をする必要があります。
 地方がふるさと寄附金獲得へ強烈な熱意を持って事業展開している様は
学ぶところが多いと感じています。

▼神奈川新聞 社会23面 2016年2月24日

ふるさと納税で"減収"余波

寄附に返礼 県も参戦

体験型ツアー提供検討

 出身地などの自治体に寄付をすると自己負担分を除いた金額が所得
税や居住地の住民税から軽減される「ふるさと納税」をめぐり、黒岩
祐治知事は23日、寄付者への返礼の制度を4月から導入する考えを明
らかにした。「物」ではなく「体験」を贈り、県内の観光活性化にも
つなげる狙い。全国の自治体では寄付に特産品などを返礼する動きが
過熱しており、2008年の開始以来返礼品制度を設けてこなかった
県も軌道修正する。ふるさと納税に伴う個人県民税の控除額が寄付額
を大幅に上回っている現状が背景にある。     (山本 昭子)

 同日開かれた県議会本会議で、公明党の西村恭仁子氏(川崎市川崎区)の一般
質問に答えた。黒岩知事は「過剰な返礼品競争とは一線を画しながら、寄付者に
対して感謝の意を表すとともに、地域振興につなげる」と説明した。
返礼の額は寄付額の3割程度とし、県内で実施する体験型ツアーなどへの参加
券とする。大規模な立体交差の工事現場や県営ダムなど普段は立ち入れないスポ
ットヘの見学や、サーフィンやダイビングなどのスポーツ体験、京浜工業地帯を
巡る工場夜景ツアーなどを想定している。
黒岩知事は「SNSなどを通じて広く発信してもらうことで、さらに観光客の
誘致を促進し、地域経済の活性化を図る」とも述べた。
県が導入したふるさと納税の制度では、寄付者は県動物保護センターの建設や
県立学校の整備など、使い道を指定することもできる。「返礼品目当ての寄付で
はなく、魅力的な施策を行い、それに対する寄付をお願いする」(県財政課)こと
が基本方針としている。
ふるさと納税をめぐっては、特に人ロが多い都市部の自治体で、個人住民税の
控除額が寄付額を上回る傾向が目立つ。県の収支でも、14年度の。減収”は約1億
7千万円に上った。15年度にも約7億円を見込む。さらに16年度は制度改正によ
る利用者増を予想して、約14億円とマイナス幅の拡大を見込んでいる。

 2016年2月20日      (土曜日)      17:35UP        雨         No.5704

 

 鎌倉の海の幸、ふるさと寄附金の返礼品の一つに。

伝統の「鎌倉海老」復活 古都の新ブランドに 毎日新聞2016年2月19日 地方版 Web版

 2016年2月20日      (土曜日)      12:39UP        曇         No.5703

 

 まちづくりとふるさと寄附金についての一般質問

2016年鎌倉市議会2月定例会一般質問(2月12日)
岡田和則の一般質問

 2016年2月17日      (水曜日)      12:39UP        晴         No.5702

 

 2016年の「ふるさと寄附金」訂正後の月別寄附金と使途別寄附金と振り込み県別寄附件数のグラフ

▼鎌倉市分211件(2015年7月21日〜2016年1月31日)は神奈川県分には含まれていません。

 2016年2月17日      (水曜日)      10:45UP        晴         No.5701

 

 2016年の「ふるさと寄附金」、鎌倉市分の訂正とお詫び

 先に公開した鎌倉市の「ふるさと寄附金」の使途別寄附、価格帯別寄附について誤りがありました。
訂正箇所については赤字で記し、訂正前の数値と一緒に公開します。未公開だった都道府県別寄附についても訂正公開します。
 私の転記ミスで生じた事態です。訂正し、お詫びいたします。失礼しました。 

 2016年2月11日      (木曜日)      17:47UP        曇         No.5700

 

 2016年の「ふるさと寄附金」全国番付、上位20自治体名と寄附金額

ふるさと納税額」1位は宮崎・都城市35億円 肉と焼酎でリピーター  東京新聞Web版 2016年2月10日 朝刊

 2016年12月末日までの全国の自治体の「ふるさと寄附金額」トップは宮崎県都城市の約35億円と東京新聞他、地方紙が報道しました。
左の表は新聞からの転載で右の表は「ふるさとチョイス」HPから抜き書き転載です。
 また、先日の神奈川新聞にも掲載がありましたが、横浜市は18区あり、寄附金損失が29億円あり、
「それはまずいでしょ」と巨艦が「ふるさと寄附金」へ舵を切ると鎌倉市にとって影響は甚大です。


 2016年2月7日      (日曜日)      00:57UP        曇         No.5699

 

 鎌倉市への「ふるさと寄附金」1月は急降下。

 鎌倉市への「ふるさと寄附金」は年末に駆け込み寄附がありました。
年初は打って変わって散々な状態になりました。
 絶えざる努力が必要で「油断禁物」を地で行く惨状となりました。
気分を変えて、また今日からしっかり、じっくり作戦を練り直しとなります。
 いつも思うのですが、お金を使うのは簡単ですが、市税や市税外収入の確保は
難しいと感じています。
 収入確保策として市税を含めた税金の徴収率を上げての収入のかさ上げも
一つです。昨年から取り組んでいただいている債権管理課では約3億円くらいの収入確保があり、
他にも国保徴収率などの努力で国から1億5000万円くらいのボーナスが出そうです。
  松竹がいなくなり、JR工場がなくなり、資生堂も大阪方面へ新工場の建設で、深沢や大船から
いなくなりました。鎌倉市所有の未利用地の有効活用を行い、少なくなった法人市民税や
固定資産税の手当も真剣にしなければならないと思います。
 20年以上も市税はほぼ350億円から400億円くらいと横ばいですが、少子高齢化などで支出は多くなってきています。
収入確保策を今一度考えなくてはならないと感じています。

▼ 鎌倉市への「ふるさと寄附金」月別件数と金額
▼鎌倉市への「ふるさと寄附金」使途別の件数と金額

 

 2016年2月3日      (水曜日)      16:21UP        晴         No.5698

 

 総務省は昨年12月25日に全国地方公務員等の給与やラスパイレス指数など発表していた。

平成27年地方公務員給与実態調査結果等の概要
一般的に2月か3月に発表されるのに、今年は平成27年4月1日付けのラスパイレスや給与等の全国比較が昨年の12月25日に発表されていた。
総務省に問い合わせると一昨年からそのような状態になっているが、発表時期が次はこの時期とは確定的に言えないとのことでした。
発表時期は、自分でチェックしていくしかないということのようだ。
全国の各団体区分別の給与状況
▼神奈川県内30市町村で鎌倉市は9位/30市町村、全国では42位/1721市町村。但し、県内の政令指定都市の横浜市、川崎市、相模原市及び都道府県は除く

▼全都道府県、政令指定都市、一般市町村を含む鎌倉市の一般行政職職員給与の全国順位

 2016年1月14日      (木曜日)      15:15UP        晴         No.5697

 

 鎌倉市ふるさと寄附金への申し込みは東京都と神奈川県が圧倒的です。

 下図の神奈川県の数値には鎌倉市分(192件分)は加算されていません。
東京都と神奈川県からの寄附が圧倒的な傾向は従来の傾向と変わりありません。
2015年7月21日〜12月31日までの分です。

 2016年1月14日      (木曜日)      14:39UP        晴         No.5696

 

 鎌倉市ふるさと寄附金の価格帯別件数と金額の動向

 2016年1月14日      (木曜日)      13:08UP        晴         No.5695

 

 鎌倉市ふるさと寄附金の各使途別件数と金額の動向

 2016年1月14日      (木曜日)      02:05UP        曇         No.5694

 

 鎌倉市へのふるさと寄附金一億円突破、おめでとうございます。

  鎌倉市へのふるさと寄附金制度は返礼品制度を設けて再出発したのが昨年の7月21日でしたが、
昨年の12月31日が寄付者の来年度の住民税や所得税の控除出来る期限になっているので、12月31日を
一応の締め切り期限として集計をしてみました。
 11月と比較して12月は金額にして6倍、件数にして7.4倍の脅威的な伸びを示しました。
全体として1億円を突破した金額の寄附がありました。これは行政の目標値を本年3月末を待たずに
達成した格好になりました。まずはおめでとうございます。
 ホントにお疲れ様でした。但し、これで終わるわけではなく、新たな目標値の設定が必要に
なってきます。本当のところは鎌倉市民が鎌倉市以外への寄附をしているので、その金額が分からず
H27年度とH28年度の決算によって入りと出の傾向がはっきりすると思います。
 油断大敵という言葉がありますが、引き続き制度充実へ油断せずにばく進して欲しいと思っています。

 2015年12月17日      (木曜日)      07:37UP        曇         No.5693

 

 鎌倉市へのふるさと寄附金について行政からの情報提供

 「入りと出」で行政が追加したとの情報です。 鎌倉ではこれだとの一品が
まだ、出ているねとまでは言えない状況だと思います。古我邸の活用は
「らしさ」のその一品だと思いますが・・・
 ふるさと寄附金推進担当のさらなる努力が求められていると思います。

 2015年12月15日      (火曜日)      10:37UP        曇         No.5693

 

 鎌倉市へのふるさと寄附金、7月〜11月までの集計(1)

  使途別では「歴史環境」「使途指定なし」「子育て」が上位3位で「みどり」がそれに続く。

 2015年12月01日      (火曜日)      23:11UP        晴         No.5692

 

 鎌倉市へのふるさと寄附金、件数、金額ともに11月は10月の倍以上の伸びを示す。

 12月1日から鎌倉市のふるさと寄附金の申し込みは「ふるさとチョイス」で直に
申し込めるようになりました。ふるさとチョイスからクレジットを使えるようになったのは
鎌倉市は12番目/県下33市町村でした。

 2015年11月09日      (月曜日)      14:17UP        曇         No.5691

 

 鎌倉市への寄附金、寄付者の使い道希望の傾向

 市町村、中でもまちの存亡がかかっている町村のやる気のある地域はエネルギーが凄い。
神奈川県内でも10月1日から寒川町がふるさと寄附金制度活用へ参入しました。
 ふるさとチョイスを眺めているとやる気のある地域の意気込みが凄いと感じます。
制度にかける量と質、見せ方などいろいろと工夫が見られます。
 寄附していても現在、欲しいものやサービスがないとき、或いは寄附金額よりも
ワンランク上のサービスなどが欲しいとき単年度で使い切らず、ポイント制にしておけば
貯めておくことも出来ます。私の場合、平戸市へ今年度1万円の寄附をしていますが、
ポイントで貯めておくことにしました。

 2015年10月24日      (土曜日)      19:31UP        晴         No.5690

 

 予想通り、全国的にグンっと伸びている「ふるさと寄附金」

 予想通り、 4月1日から始まった、ワンストップ特例や前年度の寄附金額の二倍まで
寄付出来るようになったことで寄付額は全国的にうなぎ登りの状況だ。
 寄附金のうなぎ登りは努力している自治体にとっては全国的に嬉しい悲鳴だろうが、
寄附する自治体へ寄附の目的とする施策投票については当該自治体の常時のアンケート
となっていて、寄付者の外の目、内の目となって、どんな風にわがまちが見られているか、
また、どんな方向へ施策展開していくべきかの一つの指標になっている。
 鎌倉市への寄附を見ても自然環境や歴史的まちづくりへの寄附がダントツだ。
 私的には北鎌倉にひっそりと存在しているちいさな洞門の保存にも活用してもらえれば
有り難いと思っている。でも、議会の多数は今のところ安全と景観の両立で、
 市長はトンネルを取り壊して景観にも配慮すると意思表示している。
議員や市長の任期は長くても数十年単位だが、まちづくりはそれ以上の命を保つ。
 ここは一つ、トンネル保存で景観配慮と安全のまちづくりに協力していただけないかと思っている。

 

▼神奈川新聞朝刊 2015年10月24日

ふるさと納税3.9倍

4〜9月前年比 減税上限引き上げで

 総務省は23日、ふるさと納税による2015年4〜9月の地方自治体への寄付額が
計453億5500万円となり、前年同期の3・9倍に増加したと発表した。件数も
3・7倍の227万5千件となった。4月から減税対象となる寄付額の上限が約2倍
に引き上げられ、年間の寄付先が5自治体までならサラリーマンの確定申告がいらな
くなったことが要因だ。

受取額 山形県がトップ50億円

 寄付額は既に14年度1年間の総額389億2300
万円を上回った。各地方自治体は、取り込みを図ろう
とお礼の特典を充実させている。使い道を災害復旧な
ど、賛同を得やすい目的に特定して寄付を促そうとい
う動きも目立っている。
 自治体別で、受け取った寄付額が最も多かったの
は、宮崎県都城市の13億3300万円。山形県天童市
の12億2200万円、長野県飯山市の9億6400万が続いた。
都城市は特典の種類を2倍以上に増やしたほか、1
00万円以上の寄付で焼酎の一升瓶が365本届くこ
とも話題となった。担当者は「特産品をPRできると
ともに、貴重な財源になっている」と話す。
 市町村分を含む都道府県別では、トップが山形県の
計50億5100万円。2位以下は北海道の計42億81
00万円、長野県の計35億600万円。
 総務省は全自治体に対するふるさと納税についての
アンケート結果も公表した。37・4%が「自治体の
PRが可能となる制度だ」と評価する一方で、「返礼
品送付の競争となっている現状を懸念している」との
回答も16・0%あった。
 自治体は、使い道で寄付先を選ぶ人が増えていると
捉えており、アンケートでは、23・7%が使途の明確
化や選択できる事業の充実に取り組んでいるとした。

 2015年10月23日      (水曜日)      19:31UP        曇         No.5689

 

 再び、鎌倉市職員数の動向について・・・訂正とお詫びと新動向

 岡田りぽーとNo.5687の記事について定数削減数について誤りがありましたので、
下のように訂正し、ミスリードしましたことをお詫びします。申し訳ありませんでした。
第3次職員適正化計画での職員減員は65名でした。
 ただ、再任用のハーフタイム2人をフルタイム1人に換算して職員数に参入しない
とした国の事務手続き指導はちょっとおかしいと思います。
 まず第一に職員の給与管理の点で、第二に執務室が当然にも拡大していく点、
第三に再任用職員に対する仕事の割当先を考慮しなければならない点において
職員管理の数字が簡便に出てこず、調査して初めて分かり、なお、定数と実態の
乖離が広がるようでは行政事務の方針が混乱するだけです。
 それにしても職員数定数管理の公開において数字があちこちいって結果的にミスリードしたこと
に心よりお詫び申しあげます。

 2015年10月15日      (水曜日)      10:44UP        晴         No.5688

 

 神奈川県人事委員会が給与勧告を出しました。さて、鎌倉市は・・・

 8月の人事院勧告を受けて神奈川県人事委員会は次のように発表しました。
これを受けて鎌倉市では、どう処理するのか、これから検討、発表されると思います。

▼神奈川新聞朝刊2面 201510月15日

県職員給与

2年連続引き上げ

 人事委勧告 72億円の財源必要

 県人事委員会(山倉健嗣委員)は14日、県職員の
月給を平均0.68%、期末・勤勉手当(ボーナス)を
0・10月分引き上げるよう黒岩祐治知事と土井隆典
県議会議長に勧告した。月給、ボーナスともに2年連続で
プラス改定を求めた。2年連続は24年ぶり。
 報告によると、今年4月分の県行政職員の給与は40
万236円。50人以上の県内事業所を対象にした実態
調査に基づく民間給与と比較すると2736円低
かった。人事委は若年層に重点を置いた給料表全体の
引き上げと、地域手当の支給割合、住居手当の支給限
度額の引き上げを勧告した。
 ボーナスは、民間が4・20月分なのに対し、県職員
は4・10月分。引き上げのO・10月分は勤務実績を反
映できる勤勉手当に充てるよう勧告した。
 実施された場合、行政職員(平均42・2歳)の平均
年間給与は8万4千円増の649万1千円となる。教
育職や警察も含めた県職員全体では約72億円の財源が
必要となる。教育職や警察も含めた県職員全体では
約72億円の財源が必要となる。
 また、4月から行っている給与制度の総合的見直し
の一つとして、地域手当の支給割合の引き上げを来年
4月から行うことも勧告。 報告の中で、フレックスタイム
制 とテレワークの導入 についても初めて言及し、
「導入を図る ことは意義あ るもの」とし、課題もあることを
指摘した上で「先進 事例も参考にしながら具体的な検討を
進め、成果を得 ることを期待する」とした。
                        (山本昭子)

 2015年10月14日      (水曜日)       22:27UP        晴         No.5687

 

 鎌倉市の職員数適正化計画の実際は4年間で19人の減少でした。

 第3次職員適正化計画は従来カウントしてきたハーフタイム職員2人を
フルタイム職員(常勤職員)1人に換算してきたことをやめて、ハーフタイム
職員をカウントせず計画したものです。それは棒グラフの青色が
示しています。
 従来通り、ハータイム職員2人を1 人のフルタイム職員として換算した
場合は小豆色の数になります。
 4年間で19人の減数でした。
 私は年金受給者が順次65歳へ繰り上がることから、再任用の人は増える
と予想し、しっかりした方針を示して事に当たるべきと
主張してきました。まだ、方針を示せていないのは問題と思っています。

 2015年10月12日      (月曜日)       15:25UP        晴         No.5686

 

 鎌倉市の第3次職員数適正化計画の4年間の達成率は63%

 鎌倉市の第3次職員数適正化計画実施結果が分かりました。『鎌倉市の人事行政運営等に関する
状況について』市長部局分冊に掲載がありました。
 行政自ら立てた計画に対する達成率は4年間で65名の減で達成率63%でした。甘く見積もって63点です。..
ずるずる後退を続けていますが、なぜこうなったのか、 こうならざるを得ない状況があるのか。あるとすれば
どんなことか。今後の見通しはどうなのか。
 しっかりした方針を出さなければならないと思います。

 2015年10月12日      (月曜日)       11:13UP        晴         No.5685

 

 『鎌倉市の人事行政運営等に関する状況について』の職種別鎌倉市職員平均給与の推移

  今年、給与がリバウンドした職種は市長部局と教育委員会所属の一般行政職、
消防職員、自動車運転手、給食員で、
 リバウンドしなかった職種は清掃員と学校用務員でした。
 平成27年の給与は平成27年4月1日現在の給与です。各年の給与は各年の4月
1日現在のものです。
 但し、平成27年の数値は『鎌倉市の人事行政等に関する状況について』の3分冊から抜粋し、
それ以外の各年の数値は『鎌倉市の人事行政の運営等に関する状況について』から
抜粋したものです。この冊子は各年の12月末に公表されるもので、分冊は毎年10月に
発表される資料です。分冊では一般行政職は市長部局と教育委員会で各々発表されている
数値で、年末発表のものは合算され1本に纏めて公表される関係から一般行政職については
数値が少し異なる ことが予想されます。

 2015年10月08日      (木曜日)       19:04UP        晴         No.5684

 

 鎌倉市の人事行政運営等に関する状況についてから抜粋

 鎌倉市の職員数には再任用フルタイムの方が数に入っています。
ハーフタイムの方は入っていません。調査は各年4月1日現在の数字です。
 年齢別職員構成は平成21年と平成27年とを比較すると右肩上がりから
フラットへかなりなってきています。団塊の世代の交代が進んだとも言えます。

 2015年10月01日      (木曜日)       10:05UP        曇         No.5683

 

 鎌倉市の一般会計特別会計(当初)予算書に見る職員数の推移

 エクセル2013を導入して利用しましたが、保存したデータが2度3度と消え、
2007に戻してグラフを作りました。前に作ったグラフと比較すると数値が違っていましたが、
訂正しました。決算前の予算書におけるデータづくりで滑ったので、少々やる気が
失せていたと言うより、滑りまくる事態に「まいって」いました。
 古いが安定しているエクセル2007で当分、作業を続けていきます。

 2015年09月26日      (土曜日)       22:45UP        曇         No.5682

 

 鎌倉市の下水道事業特別会計の歳入歳出決算

 今年も決算の時期がやってきました。
 毎度毎度、下水道事業の収支は驚くべきものがあります。
 一般会計からの繰入と下水道事業債という借金をしなければ回らなくなっています。
 両者で歳入の54%、下水道使用料は歳入の約40%で、借金返済の歳出に占める割合は約66%で、
企業に見立てたら完全に倒産企業です。都市計画税は約34億円ですが、
これだけに使っているわけではない。採算がとれるようにしっかりしなくちゃいけないのに
と毎年思います。まちの経営に理念的なものがないから、こんな風になっちゃっていると思っています。
これは無間地獄です。どこかで連鎖を断ち切らねばならないと思います。

 2015年09月26日      (土曜日)       16:42UP        曇         No.5681

 

 鎌倉市の当初予算と決算における職員給与等の数値の推移

 鎌倉市の当初予算における職員の給料及び職員手当並びに共済費の合計を
予算書から、歳出決算の付属書などの資料より決算値を作成しました。決算の一般会計による款節クロス表は
出来ていますが、各特別会計の決算の款節クロス表を作成中なので下のグラフが
完成していません。直近3年分は完成しましたので重ね合わせで示しておきます。
 この中には職員の退職金や議員の手当や共済費も含まれているので、その分の考慮を
しなくてはならないので若干不正確ですが、ほぼこんなものです。
 人件費というくくりではこれを入れなければならないのですが、それ以外に報酬や賃金など
含めなければ正確に捉えられません。

 2015年09月25日      (金曜日)       13:59UP        雨         No.5680

 

 ふるさと「納税」記事、神奈川新聞の紙面トップを飾る。

 ふるさと「納税」は、正しくは、ふるさと寄附金です。  

▼神奈川新聞 一面 2015年9月24日

全国で熱帯びる争奪戦

ふるさと納税 増収か減収か

 寄付した人に特産品などの 返礼品を贈呈する動きが過熱
している「ふるさと納税」を めぐり、県内自治体に期待と
焦りが交錯している。他地域 から寄付を呼び込めれば増収
となる反面、居住者が別の自治体に寄付すると住民税を控
除した分だけ減収となるから だ。県内市町村の半数は返礼
品を設けていないが、全国的 な納税者争奪の様相に「手を
こまねいていると、税がよそに流出する」(県市町村課)
との危機感が膨らむ。
(高本雅通)

 ■"収支”初推計

 ふるさと納税の寄付総額と減税した控除額のどちらが多いのかー。県
がその"収支”を初めて推計したところ、33市町村が2014年に受け
取った寄付額は約6億円。これに対し、住民税の寄付控除のうち、ふる
さと納税が適用になる割合から推計した控除額は約11億円に上った。
 差し引き約5億円のマイナス。神奈川には地方出身者も多く、故郷の
自治体に寄付するケースは少なくな いとみられる。県市町村課は「地方
の自治体が用意する返礼品には和牛など魅力的な品物も多く、影響があ
るのでは」とも推測する。

県内5億円流出

 ■返礼品で追随

 ふるさと納税は、実質2千円の負担で地方の特産品が手軽に入手でき
るとあって人気は高まるばかり。自治体にとっては寄付額から返礼品の
経費を差し引いた分が収入となり、歳入確保と地元PRを狙い追随する
動きが広かっている。
 前年度の寄付実績が4件計7万円たった小田原市は9月から返礼品を
導入。17日までのほぼ半月間で寄付申し込みは292件計544万円に
上り、担当者は「干物や梅干しのセ ットが人気。地域PRになり大変あ
りかたい」と満足げだ。
 県の調査によれば、県内では17市町が返礼品の特典を設けている。未
実施の16市町村でも、相模原、平塚、逗子、伊勢原市、葉山、寒川、大井、
愛川町の8市町が「実施に向けて検討中」と回答。今秋に導入予定の寒
川町は「先行自治体の実績を見て効果があると判断した」と期待する。

 ■自治体支援へ

 鎌倉市は7月に返礼品を始め、1 力月強で寄付申し込み額は昨年1年
間の2倍超にアップした。昨年は寄付額約240万円に対し市民税の控
除額が約3100万円だったといい、市は「歳入確保の面からも放っ
ておくわけにはいかなかった」と経緯を打ち明ける。

 一方で、横浜、藤沢、大和、海老名、座間、綾瀬市、開成町、清川村
の8市町村は「実施の予定はない」と回答。県市町村課は「理由はさま
ざまたが、中にはモノで寄付を募る手法に違和感を抱く自治体もあるよ
うだ」とも話している。
 ただ、4月から減税対象となる寄付の上限が2倍となった上に手続き
も簡素化され、納税者獲得競争はさらに熱を帯びる見通しだ。
 返礼品なしの自治体はより厳しさが増すことになりかねず、17日の県
議会本会議で自民党の田中信次氏 (横浜市泉区)の一般質問に答えた
黒岩祐治知事は、自治体支援に乗り出す考えを明らかにした。
 「基本的には市町村長の判断だが、 このままでは全体のマイナスが拡大
していく恐れがある。税が流出しており、積極的な対応が必要という問
題意識を共有し、意欲ある市町村を支援していきたい」

◆ふるさと納税
 個人が応援したい自治体に2千円を越える寄附をした場合、居住地の
所得税と住民税が一部控除される制度。都市と地方の税収格差の是
正を目的に2007年に当時の菅義偉総務相(衆院神奈川2区)が創設を
表明し、08年に始まった。

 2015年09月20日      (日曜日)       16:39UP        晴         No.5679

 

 鎌倉市の平成26年度決算に向けて

 鎌倉市の平成26年度決算に向けて準備を進めています。昨年の鎌倉市職員の給与改定条例のその後として
実態はどのように変化してきているのか、まだ、検証までいきませんが、手持ち資料の整理をしています。
数字が羅列してある資料は一目瞭然ではないので出来るだけ分かりやすいように整理を心がけています。

 2015年09月12日      (土曜日)       22:06UP        晴         No.5678

 

 鎌倉市のふるさと寄附金制度について

 鎌倉市の「ふるさと寄附金制度」がリニューアルして、再び、皆さんの前に顔を
表したのは2015年7月21日でした。従来、政府が寄付者の市県民税所得割の1割を
寄付額の上限としていたのを2倍に1月1日からあげました。
 さらに、税の確定申告を自分でしないサラリーマンを対象に寄附に対する
「ワンストップ」制度を4月1日から導入しました。
 これらのことを受け、更に鎌倉市民が鎌倉市のふるさと寄附金制度を
3万円から利用できるようにもしました。市民が市に寄附しても鎌倉市の税収は下がらず、
下がるのは国における所得税と神奈川県に対する県民税だけです。
 この制度をご理解いただいて、寄附していただければ、
寄付者は寄附した額の2000円以上の寄附分については翌年に市民税などで
控除され、2000円分以上のお礼の品やサービスがお手元に届く仕掛けになっています。
但し、自分の収入等に見合う寄附は上限がありますので、詳しくは市民税課や総務省のHP
ふるさと納税ポータルサイト或いはふるさとチョイスなどサイトをご覧いただければ助かります。

 2015年09月06日      (日曜日)       02:15UP        晴         No.5677

 

 鎌倉市へのふるさと寄附金、返礼品の上位3品目と鎌倉市幹部の取り組みに対する態度

 鎌倉市へのふるさと寄附金、返礼品はどんなものが
上位か、大体3か月程度で傾向が分かると思うが、
40日時点では、鎌倉のエビちゃんとクラフトビール
それに鎌倉ハムが上位3番までだ。..
 部長15名中11名が鎌倉市へ寄附をしていない。全庁の取り組み
になっていないことがよく分かる。部下への寄附のお願いも
この程度と言うことがよく分かる。 事業の推進に対する幹部のリトマス試験紙になってます。
 12月議会も全部長に寄附したか、していないか聞きます。

 2015年09月05日      (土曜日)       16:43UP        晴         No.5676

 

 鎌倉市へのふるさと寄附金、件数、金額の高

 2015年09月02日      (水曜日)       16:43UP        雨         No.5675

 

 鎌倉市へのふるさと寄附金、件数、金額ともに「歴史環境」がダントツ

 

 2015年08月28日      (金曜日)       16:43UP        曇         No.5674

 

 鎌倉市へのふるさと寄附金額、全国分布

  単位は円。鎌倉市へ「ふるさと寄附金」をお寄せくださった全国の県における金額の高を
都道府県地図へ落としてみました。(鎌倉市民が「ふるさと寄附金制度」を利用して鎌倉市へ寄付した金額は除く)

鎌倉市へ「ふるさと寄附金」制度を活用して寄付してくださった都道府県別人数(鎌倉市民が鎌倉市へ寄付した人は除く)

 2015年08月27日      (木曜日)       15:04UP        曇         No.5673

 

 ふるさと寄附金、7月21日〜8月24日午前中までの動き

 25都道府県/全国47都道府県から「ふるさと寄附金」制度を利用しての申し込みが7月21日〜8月24日午前中まで149件ありました。
東京都が49件、171万円、本市を除く神奈川県内が27件、58万5千円、愛知県が14件、49万円、埼玉県が6件、32万円、兵庫県5件、23万円、
本市が5件、25万円などが寄付額の上位4都県、1市の状況です。お礼の品の価格帯を小刻みに切って
いると、それに合わせての寄付があるようです。寄附金の使い道については鎌倉の「歴史環境」への
寄付が48件で使途指定なしの30件を抜いてダントツでした。

 鎌倉市は市外からはそのように見られているとアンケートに応えていただいているようでもありました。
 その他に、緑や子育てすが 上位4番までの寄付の使い道指定でした。新制度発足からの35日間の寄付総額は454万8千円でした。
 下の日本地図の赤い印の所に在住の市民の方から寄付をいただいていました。

 なお、寄付の価格帯 1万円以上〜2万円未満 59件、約40%
2万円以上寄付〜3万円未満 42件、約28%
3万円以上寄付〜4万円未満 14件、約9%
 現在時点の1件による最高寄付額は30万円。

 残りの寄付出来る今年度の日にちは約130日、この調子では行政自身が立てた
目標値1億円には遠く及びません。もう勝負をかけないと間に合わない時期です。
 勿論、私が立てた本年度の目標値2億円はどうなるのか。怒りのマークを出したいところです。

 2015年08月27日      (木曜日)       13:40UP        曇         No.5673

 

 ふるさと寄附金、全国と神奈川6年間の推移

 総務省のHPより転載、独自加工しました。

 2015年08月23日      (日曜日)       13:43UP        晴         No.5672

 

 鎌倉市職員の超過勤務時間数と手当は平成24年度以降は微減

  鎌倉市職員の超過勤務時間数と超過勤務手当は平成24年度以降は微減にとどまっており、
松尾市長の1期目の公約の超過勤務手当を5.5億円に押さえ込むという点から言うと
1期目の公約はほぼ達成しているが、その後の展開がない。時間外勤務61時間以上/月を
行う職員は下記に示した通り、まだ続いており、しかも61時間以上が従来の割増金額の1.25⇒1.5へ
と膨らんだにもかかわらず、これが押さえ込めていないのは、新たな時間外勤務の押さえ込み
数値が考えられていないからに他ならない。ワークライフバランスの点からも問題ありです。
 すくなとも月61時間以上の超過勤務は止めるべきです。
 ちなみに超過勤務時間、年間952時間、350万円以上の職員は年収では部長(8級職)を抜いて
下表の通り、職員の中で トップでした。
▼下表は鎌倉市のHPより転載しました。

▼下の表(鎌倉市職員上位100人の人件費総額)は鎌倉市のオープンデータより抜粋しました。
0級職は理事者。8級職は部長。4級職は元主査を含む。

▼諸手当の一項目の時間外勤務手当=時間外手当+休日手当

 2015年08月23日      (日曜日)       13:05UP        晴         No.5671

 

 平成26年度鎌倉市職員、個人別の時間外勤務の上位100人の勤務時間と手当

 鎌倉市職員上位100人の時間外勤務時間と時間外勤務手当。
 時間外勤務手当は61時間以上だと従来の手当の割り増し、1.25から1.5倍に上がるので
多くても60時間以内に時間外は納めるべきだと考えます。
 まだ多いので、再考しなくてはならないと思います。

▼(単位:時間、円)
▼(単位:時間、円)

 2015年08月18日      (火曜日)       02:18UP        曇り         No.5670

 

 鎌倉市の市税等徴収率のゆくえ(11)

平成26年度数値は見込値です。

 2015年08月17日      (月曜日)       17:52UP        雨のち曇り         No.5669

 

 鎌倉市の市税等徴収率のゆくえ(10)

平成26年度数値は見込値です。

 2015年08月17日      (月曜日)       14:36UP        雨のち曇り         No.5668

 

 鎌倉市の市税徴収率のゆくえ(9)

 不納欠損額なしだと収入未済額がかさ上げされていく。全体の徴収率も落ち込んでいきます。
現実はめちゃきびしい。、これが現実。再チャレンジを可能とする社会づくりと言っても現実は遅々として進まない。
私は、市税外収入の確保策を通じて自分と職員の意識改革を進めたい。
 なお、平成26年度数値は見込値です。

 2015年08月17日      (月曜日)       11:47UP        雨のち曇り         No.5667

 

 鎌倉市の市税徴収率のゆくえ(8)

 鎌倉市提出資料に基づく分析、その一つ。
分析が間違っているとのご指摘を受け、原局に説明を受けました。間違っていたので、お詫びし、記事の削除をいたしました。
ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。また、読者の皆様にご迷惑をおかけしたことに、お詫びいたします。m(_ _)m、
 なお、平成26年度数値は見込値です。

 2015年08月16日      (日曜日)       16:13UP        晴         No.5666

 

 鎌倉市の市税徴収率のゆくえ(7)

▼努力は認めますが、スピードが遅い。

 2015年08月16日      (日曜日)       07:57UP        晴         No.5665

 

 鎌倉市の市税徴収率のゆくえ(6)

 総務省の市町村税徴収実績調から作成しました。

 2015年08月16日      (日曜日)       00:06UP        晴         No.5664

 

 鎌倉市の市税徴収率のゆくえ(5)

 鎌倉市の平成25年度市税の現年度分と滞納分を合わせた全体の市民税徴収率は
全国平均の徴収率94.9%にも満たず、
94.5%でした。全国1743団体中657番目で神奈川県内33団体中18番目でした。
総務省のHP、 市町村税徴収実績調 から作成しました。

 2015年08月15日      (土曜日)       22:34UP        晴         No.5663

 

 鎌倉市の市税徴収率のゆくえ(4)

 鎌倉市の平成24年度の「全体としての市税の徴収率」 は全国順位は803位/1743団体、神奈川県内順位は19位/33団体でした。

 2015年08月15日      (土曜日)       21:28UP        晴         No.5662

 

 鎌倉市の市税徴収率のゆくえ(3)

 鎌倉市の平成23年度の「全体としての市税徴収率」は全国では812位/1743団体、神奈川県内では20位/33団体。

 2015年08月15日      (土曜日)       20:32UP        晴         No.5661

 

 鎌倉市の市税徴収率のゆくえ(2)

 鎌倉市の平成22年度市税徴収率の全国順位、845位/1751団体(全体としての市税徴収率)、神奈川県内19位/33団体。

 2015年08月15日      (土曜日)       17:58UP        晴         No.5660

 

 鎌倉市の市税徴収率のゆくえ(1)

 市税の現年度課税徴収率、及び滞納繰越分の徴収率が
神奈川県市町村単位、全国市町村単位で過去5年分の
統計の掲載が総務省のHPにあります。
 9月の決算に向けて資料調査と整理を行っています。
鎌倉市の統計調査よりも総務省は網羅的で詳しい。
調査資料のまとめで鎌倉市の県単位、全国単位での
徴収率の位置がわかってとても参考になります。
市税=市民税+固定資産税+軽自動車税+市たばこ税+特別土地保有税+都市計画税
●市町村税徴収実績調
 平成21年度の現年度課税徴収率全国平均=98.0、滞納繰越分課税徴収率全国平均= 19.8、全体の市民税課税徴収率全国平均= 93.3 からみると
鎌倉市の平成21年度決算分では98.0、18.3、92.3で全国平均徴収率よりも低かった。
 次に順位は「
全体の市民税課税徴収率」は鎌倉市は885位/1751団体であった。

 2015年08月13日      (木曜日)       09:22UP        曇         No.5659

 

 胸に赤ランプが点滅している鎌倉市のふるさと寄附金制度のゆくえ。

 ふるさと寄附金。現状は1日10万円。7月21日からだと12月31日まで
164日。現状のまま推移すると1640万円。10月にクレジット導入で
ブースター1個装着予定。公募職員のアイデア導入で2個目の
ブースター、専属のグループをささやかながら設置していただければ
3個目のブースター。これで一気に年末商戦へ打って出ましょう。...
 それでもイライラ感が増す、私です。
1本目の電信柱への私の目標値、 4億円はまだ遠い。

 債権管理課の目標値が2億円。
こちらの目標値の4億円から考えると、たぶん今年度は
市外へ出て行くふるさと納税は2億円以上ではないかと推測しています。

そうすると4億円の半分がざっと見積もってお返しや経費で
消えていきますから、2億円が収入となりますが、その
2億円も市外へ出て行くふるさと寄附金が2億円と見積もれば
0になるのです。ざっと8億円のふるさと寄附金収入でやっと
債権管理課と肩を並べられると思っています。
 これは数字だけの問題で、その間に職員の意識改革が伴い
ます。さらに、そのはてには昇進や昇給制度改革なども
考えられなくてはならないと思っています。

 以上のような考え方から言うと、すでに私の胸に赤ランプが点滅しているのです。  

 2015年08月12日      (水曜日)       11:54UP        晴         No.5658

 

  鎌倉市各種基金等の利子8年間の推移

 会計課の担当者には約300万円の増収を計っていただき感謝しています。
金利が下がって難しい運営だと思いますが、引き続き、よろしくお願いします。m(_ _)m

 2015年08月11日      (火曜日)       22:49UP        晴         No.5657

 

  鎌倉市各種基金等について

 鎌倉市の基金等の8年間の推移です。
教育文化建設基金は寄付による増額です。また、緑地保全基金は一貫して下がってきています。

 2015年08月09日      (日曜日)       12:46UP        晴         No.5656

 

  鎌倉市各会計決算等審査意見書について

 款節クロス表の使い方の一例

 2015年08月08日      (土曜日)       20:39UP        晴         No.5655

 

  鎌倉市各会計決算等審査意見書について

 随分と前から鎌倉市の決算審査に参考とする「鎌倉市各会計決算等審査意見書」について
「款別支出状況」の一覧表と「節別支出状況」の一覧表があるが、利用価値がより高い
款節クロス表にしていただければ有り難いと一般質問してきた。未だに直っていない。
例えば各款における第7節の賃金について、その推移を考えるとき、款節クロス表があれば
一目瞭然で、その実際の仕事内容について決算等審査で質問でき、有益に資料が使えるのだ。
 第13節の委託料についても各款別に質問が出来るんですが・・・
 今まで決算審査では自分でも款節クロス表を作ってきたが、とても手間がかかる仕事なので
監査事務局へお願いしてきたが、手直しの準備期間が長すぎます。
 この款節クロス表をひょんなところで発見した。それは予算等審査特別委員会で配布される
議会事務局の予算審査資料の中にあった。しかし、当該年度の最終数字と決算数字は違う
し、予算審査資料に出てきた款節クロス表は当初予算には使えますが、決算は1年遅れ
で、なお、決算確定数字でないと使えないので、予算審査資料における数字は使えません。
 最終的にはたぶん財政課にお願いして決算時に審査年のクロス表を作ることになると思います。
 雛形は議会事務局の予算審査資料の中にあるので、ここら辺の調整の努力は監査事務局に
してもらいたいと思っています。:決算審査の時に委員が請求する関連資料で済ますような案件では
ないと考えています。

 2015年08月08日      (土曜日)       17:05UP        晴         No.5654

 

 鎌倉市の決算状況分析(4)

 2015年08月05日      (水曜日)       21:30UP        晴         No.5653

 

 鎌倉市の決算状況分析(3)

 決算の概略を知ろうとすれば様々にデータを作らないと全貌が見えない。
歳出の概要内訳はまだ続きます。

 2015年08月05日      (水曜日)       16:32UP        晴         No.5652

 

 鎌倉市の決算状況分析(2)

 民生費の内訳では児童福祉費、社会福祉費などが目立つ。

 2015年08月05日      (水曜日)       15:02UP        晴         No.5651

 

 鎌倉市の決算状況分析(1)

 総務省の決算状況調べ から目的別決算状況を12年分、グラフにして推移を見ると
民生費の伸びを鎌倉市は平成23年度から抑制していることがわかります。また土木費も抑制している
ことがわかります。26年度の数値は今年9月にわかりますが、その後の追跡は平成27年度予算の
追跡をしないと先端部分まではわかりません。と言っても予算は変動があるのでいま一つという
ところがあります。まだ、決算資料作成の序の口です。

 2015年08月03日      (月曜日)       00:05UP        晴         No.5650

 

 人事院勧告、公務員は月給、ボーナス、プラス勧告の予定

人事院、2年連続プラス勧告へ 国家公務員給与2015/07/31 22:02 【共同通信】

 2015年07月29日      (水曜日)       08:46UP        晴         No.5649

 

 鎌倉市職員の年収と人数の分布


 平成26年度の鎌倉市職員の年収と人数分布を鎌倉市のオープンデータから
棒グラフとして作成しました。次のグラフがそれです。
 また、赤色を重ね合わせた箇所は市会議員の源泉徴収票から作成しました。

 2015年07月28日      (火曜日)       12:03UP        晴         No.5648

 

 鎌倉市再任用職員、再任用フルタイム及び短時間就労人数の8年間の推移


 現在、働く人々の年金支給が順次65歳まで繰り上げられる
関係から生活のために働かざるを得ない状況に全国的になっています。
 鎌倉市では職員数の管理においてフルタイムは正規職員数に
カウントされているので職員年齢構成が今後いびつになる可能性が出ています。
 また、働く場所についても今まで通りではなく、働く場所の確保の問題も
出てきています。また、執務室の整備も考えられなくてはなりません。
 今後は行革推進課も含めて全庁的視点から真剣な検討が必要です。
▼各年度4月1日現在の数字です。

 2015年07月28日      (火曜日)       01:31UP        晴         No.5647

 

 中学校の通知表で記入ミス、生徒と保護者の指摘で判明。


▼御成小学校旧講堂の屋根の葺き替え

 2015年07月26日      (日曜日)       23:34UP        晴         No.5646

 

 鎌倉市のふるさと寄附金制度、開始

  鎌倉市のふるさと寄附金制度が今月21日から始まりました。
昨年から要望していた施策展開でやっと開始されたと思っていますが、
鎌倉ならではのサービスの展開がきわめて弱い、更に第一次産業に対するてこ入れが弱いなど
まだまだの様相です。
 ただ、最初から市内在住の市民の方が3万円から寄付出来るようにした施策は評価できます。
施策展開も職員の皆さんが、まちを歩いていろいろな試しなど自分の頭と足と口で稼ぐようにすれば、
なお、制度充実が出来ると思います。
 クレジットでの申し込みは秋口にやる予定と言うが、制度の開始の最初にないのが残念です。
写真など計画当初から見ると改善されたと思いますが、まだまだ改善する必要があると考えます。
クラウドファンディングを使った具体的施策の展開も考えられます。すでに他市では導入しています。
事務量が増えてくる関係から独立したセクションなど今から考えておく必要があります。
 この事業は市税外収入を積極的に得るという事業ですから、力を入れる必要性があります。
 楽をすれば充実した事業展開など望むべくもない。この事業、金があるから使えという事業ではないのだ。

鎌倉市の「ふるさと寄附金」制度(ふるさとチョイスへリンク)
鎌倉市の「ふるさと寄附金」(鎌倉市HPへ)

 2015年07月26日      (日曜日)       22:38UP        晴         No.5645

 

 鎌倉市職員の給与実態調査全職種平均給与

 2015年07月26日      (日曜日)       21:15UP        晴         No.5644

 

 鎌倉市の平成27年度、財政力指数は昨年に引き続き1以上をキープしました。

  平成27年度普通交付税の算定結果等
  平成27年度 普通交付税不交付団体の状況

 2015年07月22日      (水曜日)       17:28UP        曇         No.5643

 

 鎌倉市全職種職員の平均年収は平成27年はリバウンドした。

 鎌倉市の職員全職種の平均年収はリバウンドし、
平成27年度の予想は前年度と比較して高くなった。
 さらに、職員の平均年齢は若くなっているので、その分、
より高くなっているとも言えそうです。
 予想通りの年収ベースのリバウンドで、来年3月頃に発表する総務省の資料の中で
鎌倉市が全国自治体の中でどれ位の位置にあるのか見物だと思います。
 下の図は平成27年度の給与実態調査報告資料から作成しました。

▼鎌倉市職員全職種の平均給与月額

 2015年07月09日      (木曜日)       02:09UP        雨         No.5642

 

 風情ある建造物の解体で歴史まちづくり・・・が進む

▼神奈川新聞21面 2015年7月8日(水) から引用

鎌倉の歴史的建造物、市が解体計画

 世界遺産を目指したこともある古都鎌倉市で、歴史的な建造物の解体計画が相
次いで浮上している。市立御成小学校の敷地内に隣り合う旧講堂と旧鎌倉町立図
書館、そしてJR北鎌倉駅脇の素掘りのトンネル。3件の所有者である市は老朽
化を挙げるが、鎌倉に溶け込んだこれらの点景を愛する市民は、行政の消極性に
暗然としている。地域の景観や風情に対する理解も愛情もないのか、と-。
                                        (斉藤 大起)
不作為に募る不信感

■20年近くも放置

 「そんなことが許されていいのか」。松尾崇市長が
6月12日の市議会で「撤去も含め夏休み前までに方針
を決定する」と発言したのを聞き、かつて保存活動に
関わった一人は驚きの声を上げた。「残すことに決ま
っていたではないか」
 そう、決まっていたはずだった。市は1996年、
御成小の校舎改築計画に関する報告書に、講堂を「そ
のまま修復保存して利用する」と明記。98年には保存
を前提にした詳細調査を実施し、補強や修復の工事の
細目まで定めていた。
 以来17年。同校の改築計画に携わり、現在は講堂の
「保存活用をめざす会」の幹事を務める市内の建築
家、福澤健次さんは「市が何もしない間に建物の劣化
が進んだ」と悔やむ。
 そもそも御成小の校舎改築に至る間には、30年以上
前から保存や改築の方法、さらに埋蔵文化財の扱いな
どをめぐって市やPTAなどが激論を交わした経緯が
ある。講堂を残し伝えることは、その産物だった。
 「市民が議論に費やした時間を無駄にしてはならな
い」と別の専門家も、放置の末に撤去案を持ち出した
市に不信感を募らせる。市学校施設課は「財政上の問
題で修復費用が予算化できなかった」と説明する。

 ■老朽化は本当?

 「木製の窓枠の所々が腐って危ない。老朽化が激し
い」。講堂と向かい合うように立つ旧鎌倉町立図書館
の建物を指し、市管財課は説明する。それを根拠に昨
年、解体予算として2860万円を予算化した。しか
し、耐震診断などの調査は実施していなかった。
 一方、専門家の見立ては異なる。保存を求める市民
が呼び掛け、建築家ら約20人がボランティアで行った
5月中旬の詳細調査。翌月早々に出された中間報告で
は「頑丈で耐震性は十分に高い」「長期の使用に耐え
られる」と判断された。窓枠の腐食は部分的で、「致
命傷」ではなかった。
 中間報告はまた、旧図書館だけでなく講堂、御成小
の校門(旧御用邸門)の三つを「近代鎌倉の貴重な街
並み景観」と価値づけた。

 ■解体迫る二元論

 「なぜ保存か解体かの二元論しかないのか」。「緑の
洞門」とも呼ばれる北鎌倉駅脇のトンネル。住民らで
つくる北鎌倉緑の洞門を守る会(北鎌倉史跡研究会)
代表の出口茂さんは、市が進める洞門の「開削」計画
に疑問を投げかける。
 市道路課は昨年8月、洞門を岩盤ごと削り、高さ10
bの擁壁で固め道路を拡幅する開削計画を提示。今年
4月下旬には、剥離などにより「利用者に対して影響
が及ぶ可能性が高い」として通行止めにした。
 「親しまれた景観の維持と安全性の両立は可能だ」
と出ロさんは言う。実際、隣の逗子市に好例がある。
「鎌倉七切通」の一つ、名越切通だ。突き出た岩にボ
ルトを打ち込んだり、亀裂に接着剤を注入したりして
強度を高めた上で、古道の風情を残している。
 同会は5月、トンネル工学の第一人者である小泉淳
・早稲田大創造理工学部教授に独自に調査を依頼し、
「すぐに封鎖するほど傷んでおらず、今ある景観を残
して安全性を高める方法もある」との所見を得た。

 ■“人質”は安全性

 「トンネル推定破壊モード」と題し、トンネル崩壊
の過程を順に描いた6枚の断面図。「山が崩壊し土砂
が線路に流入、重大事故の恐れも」という趣旨の説明
文。昨年秋、鎌倉市が洞門周辺の各戸に回覧した文書
だ。しかし後に、断面図の山の高さが実際よりも高
く、ゆがめて描かれた疑いが浮上。市の説明は当初の
「崩壊」から「剥離」へとトーンダウンした。
 「危険性を強調し解体の正当性を主張する論法は洞
門、旧図書館に共通する」。2月に市内で開かれた旧図
書館の保存シンポジウムで、参加者の一人はそう指
摘した。「危険性」とは日常の保守管理が不十分だっ
たことの表れでもある。不作為と老朽化の悪循環、と
いう構図が重なる。
 洞門の場合、「27年前に坑ロの一部が剥落」(市道
路課)したが、市は特段の対策を行わなかった。小泉
教授は、同会が6月に開いた住民集会で「もっと早く
木の根を伐採し、岩のひび割れを防ぐべきだった」と
話した。講堂も同様だ。屋根のスレート材のアスベス
ト(石綿)含有が6月の市議会で取り上げられ、土壌
調査の実施に発展したが、そもそも屋根は、98年の段
階で「全面に渡り葺(ふき)直す」と計画されていた。

 ■文化財以前に…

 市文化財課はこれら3件について「残すかどうかは
市全体で決めることだ」とコメント。洞門に関しては、
67年に円覚寺が国史跡に指定された際に除外されたこ
とを理由に「史跡としての価値はなく、残す必要はな
い」と断言する。
 市歴史まちづくり推進担当は1日付の広報紙で「法
の基準によって定める歴史的風致以外にも、それぞれ
の地域で大切に守られてきた歴史的な建造物や行事」
がある、と「広い意味での文化財保護」を呼びかけた
が…。本音は「中世の史跡が多くて近代遺産に手が回
らない」(同担当)。
 だが、論点はそこではない。「残すべき文化財」と
いう文言は、「文化財でなければ壊して構わない」と
いう価値観の裏返しでもある。そこには重要な感覚が
欠落していた。市民の財産は、手直ししてできるだけ
長く使うこと、そして、古いものは新たな価値を生む
可能性を秘めている、ということ。キーワードは「既
存のストック(資産)の活用」。新築より安い費用で
修繕し、新築にはない良さを見いだす考え方だ。
 不動産コンサルタント会社、エアリーフロー(東京
都新宿区)を経営する建築家の藤木哲也さんは、古い
住宅の改装を手がけた経験から「新築と保存とを、投
資効果の面から冷静に比較すべきだ」と話す。「旧講
堂や旧図書館は鎌倉駅から徒歩数分、建物も魅力的で、
残して活用すれば新たな価値を生むだろう」
 現実論を踏まえつつ、最後に73年制定の鎌倉市民
憲章を引用する。「わたくしたちは、鎌倉市の歴史的遺
産と自然及び生活環境を破壊から守り、責任を持って
これを後世に伝えます」

 2015年06月27日      (土曜日)       22:07UP        曇         No.5641

 

 大船駅西口駅前駐輪場の建替と待機台数解消の課題が浮上


 公益財団法人「自転車駐車場整備センター」による
JR大船駅西口自転車駐車場建替計画がやっと動きだそう
としています。下の写真の11番の駐輪場です。供用開始予定
は来年の12月だそうです。

 ペディストリアンデッキとつながる予定ですが、
今までは自転車748台、原動機付き自転車は236台
収容できていましたが、新しく出来る駐輪場は
自転車620台、原動機付き自転車195台で、合わせて
169台不足の予定です。しかもこの付近はこれとは
別に約200台の駐輪場待ちとなっています。

 こう考えると約400台の駐輪場建設を別途計画
しなければなりません。

 しかも建替時の代替駐輪場の空地を確保しなくてはならず、
頭が痛い課題が出てきました。

 また、大船サイクルパーク、図では10番の駐輪場は
駐輪場へ至る道線と帰りの道線が不自由であまり使えない
との声が大きいのです。

 2015年06月21日      (日曜日)       18:56UP        曇         No.5640

 

 鎌倉市のふるさと寄附金制度導入状況

ふるさと寄附金制度及び減災対策について(6月定例会一般質問)

● ふるさと寄附金事業について (2015年6月16日 6月議会定例会一般質問概略)クエスチョン編

■昨年の12月定例会でふるさと寄附金制度を鎌倉市の第一次産業の育成に導入して
いただきたいと、一般質問しましたが、その後の進捗状況や今後の段取りなどにつ
いて質問します。

1.まず最初に、4月からふるさと寄附金制度の取扱いが全国的に変わりましたが、
総務省などが取り扱いを変えた主旨、これを受けて自治体では本年度、どのような
点が変わったのか、お伺いします。

2.ワンストップ寄附金制度は助かりますが、医療費控除を受ける人も少なくないと
思います。そういう人は申告しなくてはならないので申告するにはどういう風に
するのか、わかりやすい図解などの説明があれば申告する人も増えると思いますが、
このような点で市民周知の工夫をしなくてはならないと思いますが、どんな工夫を
するのか、お伺いします。

3.次に神奈川県下でもふるさと寄附金制度を導入する市町が増えていますが、ここ
半年でどのような市や町がふるさと寄附金制度導入に踏み切ったのか、また、
特徴についてお伺いします。

4.鎌倉市のふるさと寄附金制度の運用についてはどのような体制で進めているのか、
お伺いします。

5.制度運用などについて先進市へ視察を行ったと思います。先進市の調査では教訓化
すべき点や参考になった点などが数多くあったと思いますが、どのような点で
したか。お伺いします。

6.ふるさと寄附金制度導入では市内の事業者さんなど関係団体などを回られたと
思いますが、どのような団体に何回ぐらい回られたのか、現時点での進捗状況を
お伺いします。

7.鎌倉市はいつ頃までに制度を運用しようとしているのか、具体的時期をお伺い
します。

8.三浦市や横須賀市が寄附金制度を活用して、自分のまちに住む市民や町民が寄付
出来る制度を開設しましたが、どのようなメリットがあるのか、お伺いします。

9.本市は、それの活用も考えに入れて運用していくのか、お伺いします。

10.ところで、すべての部長さんや教育長、消防長も含めて副市長、最後に市長
にもお伺いいたしますが、ふるさと納税制度を利用したことがあるのか、
お聞きしたい。

11.鎌倉らしいまち並みの保全や景観、観光などにもふるさと寄附金制度は活用
できると思いますが、個別事業に対するクラウドファンデングなどの活用で
神奈川の鎌倉、首都圏の鎌倉を売り出せると思いますが、検討課題など有りますか。
お伺いします。

12.鎌倉市民が鎌倉市に寄付出来るとなれば市民課題の解決などにも寄附金制度を
活用できると思いますが、いかがでしようか。お伺いします。

13.鎌倉市の歳入、歳出の見通しについて鎌倉市は、平成24年度から平成44年度
までの推計値を公表していました。平成25年度 鎌倉草創塾の研究結果報告書に
掲載があります。平成26年6月に発行されています。それには基本推計、定年延長
シナリオ、経済成長シナリオ、更に定年延長と経済成長シナリオを加えた歳入の
推計値を掲載しています。基本推計では平成31年度から歳出が歳入を上まわり、
定年延長による歳入増を計ったとしても平成32年度には歳出が上まわり、経済成長
シナリオを描いても平成33年度には歳出が上まわり、更に定年延長に経済成長を
加味した歳入増を計ったとしても平成42年度から歳出が上まわるとの推計値を公表
しています。以上のことを考えると今後は歳入のアップと歳出の
縮減を今まで以上に考えざるを得ない傾向が続くと考えられます。歳入UPの一つの
方策としてふるさと寄附金制度が重要な政策として考えられると思いますが、
いかがでしょうか。

14.ふるさと寄附金制度が昨年から全国的に喧伝され、鎌倉市の多額納税者の方々も
今年度から大いに活用されることが予想されます。一昨年の場合、鎌倉市に対する
寄附金の入りが約1000万円、寄附金として出たものが約1億円で、今後はふるさと
寄附金を巡って鎌倉市は他市へ、ふるさと寄附金が流出し、厳しい状況に立たされると
考えられます。これについてはどういう見通しを考えられているのか、
お伺いします。

15.債権管理課の本年度目標値は大体2億円くらいだと思いますが、今年度、
ふるさと寄附金制度活用の目標値はありますか。あればいくらぐらいですか。

16.この項の最後にお伺いいたします。ふるさと寄附金制度活用では鎌倉市は
後発組に位置していると思います。後発組が例えば平戸市のような先進組を
追い越すにはどのような手法を用いれば今後、追いつき、追い越すことが出来るのか、
その考えとその考えを実行に移す気構えがあるのか、気構えがあるとすれば、
いつ頃までに達成しようと思っているのか、お伺いします。

 2015年05月09日      (土曜日)       20:27UP        曇         No.5639

 

 いずれにしても、鎌倉市役所の津波対策は早期にきちんとしなくちゃ。

 神奈川県発表の10分で14.5メートルの津波が七里ガ浜へ来襲する
という2000年〜3000年に一回の津波予想図では、この新知見の
鎌倉市役所や御成小学校への影響はありません。しかし、長谷や
由比ヶ浜、材木座、腰越の被害は甚大になる可能性が高い。
この付近に在住の人々の避難路等の確保や訓練は重要です。

 ただ、10分の間に5波の津波が来襲し、はじめの津波に
次の津波が重なるなど考えると、市役所対策を
「まあいいや」というわけにはいきません。
しっかりした対策が必要と考えます。

▼明応型の地震による津波浸水被害予想図
▼鎌倉市役所の浸水比較(相模トラフ沿いの最大クラス地震〔上図〕と明応型地震による津波浸水〔下図〕の程度)


 鎌倉市の津波避難シミュレーション動画

 2015年05月09日      (土曜日)       18:34UP        曇         No.5638

 

 ガンマ線量0.00μSv/hは機器の誤作動かも。0.02μSv/h〜0.03μSv/hありました。

 5月7日に、5月6日に測定した0.00μSv/hの場所を車で二往復しました。
5月7日には0.02〜0.03μSv/hありました。前日は線量計が一部誤作動したかも
知れません。56ポイント測定。12:38〜14:59まで。鎌倉市役所に
駐車している時間に測定したポイントはあらかた抜いています。
 測定図の緑字をクリックすれば測定図が出ます。

 2015年05月06日      (水曜日)       20:15UP        晴         No.5637

 

 今日もガンマ線量測定。

 5月6日測定分、2015年5月6日11時54分〜17時31分まで。235ポイント。0.00〜0.05μSv/hまで。ノートパソコン、GPS、
PM1703MO-1B、マイカー搭載。鎌倉市内を主に測定。横浜市も一部地域を測定。
今日の測定分は緑字をクリックしていただけるとわかるようになっています。

 5月5日と5月6日の合作測定図はここをクリックしてください。

 2015年05月06日      (水曜日)       10:06UP        晴         No.5636

 

 補正後のガイガーカウンタでは補正前より測定数値が0.01μSv/hほど上がっている。

 昨日、2015年5月5日(火曜日)16:21〜19:16まで約3時間、鎌倉市内176ポイントの測定。
マイカー、ノートパソコン、GPS、PM1703MO-1Bによるガンマ線量測定。
測定範囲は市内の外形的全域。今までの測定よりも0.01μSv/hほど
値が上がっています。ガイガーカウンタ補正後の数値です。...
 グーグルマップに線量と測定位置を掲載しました。
クリックするとごらんなれます。今回は市内全域で0.03〜0.04μSv/hでした。

 2015年05月01日      (金曜日)       10:59UP        晴         No.5635

 

 市職員労働組合現業職員評議会(155人)が神奈川県労働委員会へ救済の申し立て

 給与条例主義で行われている行為に対して現業職員評議会が
不当だとして県労働委員会へ救済を申し立てたという。
 今まで再三再四、総務省からわたりの是正の指導があったし、更に前々から給料表についても
議会で是正の指摘をされ、わたりについては特に市民が監査に是正を申し入れ、更に別途、鑑査委員からも
指摘されるほどの行為に対して、自分たちのわたり是正に対するサボタージュを棚に上げて
県労働委員会へ申し立てするとは大変遺憾なことだと申し上げておきたい。
 さらに、給与条例主義をとっていることに対しても労組と理事者が決めたことに
議会が異議を申し立て、自分たちの思うように行かなかったことに対して
「それは違うよ」と言うのは疑問です。
 現業職員評議会の給与表についても私は個人的には本案提示と
それを書き直して作成したことについては疑義もあります。
 訴えの中味が不明ですから、今からあれこれ言うのはやめますが、
私は「ちょっと違う」と思っています。

▼神奈川新聞22面(社会) 2015年5月1日 

「緩和措置削除は不当」

「わたり」廃止で鎌倉市職員労組 県に救済申し立て

 県内自治体で最後まで残っていた鎌倉市の職員給与
の「わたり」制度廃止をめぐり、市議会が条例改正案
から激変緩和措置(減額保障)を削除したのは不当労
働行為に当たるとして、現業職員らでつくる市職員労
働組合現業職員評議会(155人)は30日、県労働
委員会に救済を申し立てた。

 同評議会によると、市と市教育委員会に加え、市議
会を相手にした申し立ては全国初
 申立書などによると、市と組合側は昨年、職員給与
を削減する際、6年間は減額幅を抑える激変緩和措置
を設けることで合意していた。しかし市議会は昨年の
9月定例会で、条例改正案のうち激変緩和措置を削除
した修正案を賛成多数で可決。市が削除を阻止する方
策を尽くさなかったことを含め、こうした対応は労働
組合法の「支配介入」に当たると訴えている。職員給
与は昨年10月から年間最大約143万円(約17・9%)
減額されたという。
 同評議会は申し立て後に開いた会見で、「来年子ど
もが進学するが、学費が高いため諦めてもらった」と
いった組合員の声を紹介。
「議会は労使交渉の合意内容を尊重しなければならな
い」などと主張した。
 松尾崇市長と中村聡一郎議長は、それぞれ「申立書
が届き次第、内容を確認し適切な対応を取る」とコメ
ントした。 (湘南総局)

 2015年05月01日      (金曜日)       01:21UP        晴         No.5634

 

 ふるさと納税日本一の平戸市へ寄付してみると・・・

 インターネットを使って「平戸市ふるさと納税」特設サイトへ行くと、寄付申請の画面が出てきて、
それをクリックするとふるさとチョイスのふるさと納税申込みフォームへ飛び、そこで基本事項を
打ち込み、寄付していくことになります。
 さらに寄付すると郵送でカタログや寄附金受領証明書、特設サイトの認証キーが送られてきます。
その認証キーを使って特設サイトへログインし、ログインIDとパスワードを設定すると自分のマイページ
が出てきます。そこで寄付に応じた注文をすることになります。
 自分の特設サイトを持っていて外部とリンクさせ、注文をとるようにしているのは季節ものや産物に
ついていろいろ説明するときに自分のサイトでも細かに出来るようになっている仕組みがおもしろい。
 また寄附金額をこまめに切っていたり、寄附金額に対するお返しの差をあるところで
上げたり、さらにポイントを貯めれるようになっていたり、カタログ作ったりと
仕掛けとして、よく考えている様子がわかります。

 2015年04月27日      (月曜日)       14:27UP        晴         No.5633

 

 福岡県宮若市へのふるさと寄付へ

 今日、生まれ故郷の福岡県宮若市へふるさと寄附金制度を利用して寄付しました。
寄付に至るまでメールの交換、指定用紙への書き込みとメールでの送付、それから
申込先から郵送で書類等が発送され、入金行為、確認して品物の発送となります。

 鎌倉市も「ふるさと寄附金」制度を利用される方への手続きの簡素化や謝礼など
考えていられるようですが、財政の観点からどのように扱うのか、その視点も必要ですし、
多くの人に愛されるようになるにはしっかりした考え方に基づく施策展開が必要だと感じています。

 2015年04月23日      (木曜日)       10:47UP        晴         No.5632

 

 家庭系生ゴミバイオ施設、長岡市視察の報告

昨年8月27日に長岡市へ家庭系生ゴミバイオ施設視察に伺いました。
中村議長と2人での視察でした。
今まで家庭系の生ゴミバイオ施設で大規模の施設は全国的に見てもなかったが
ここに来て大規模で安定的に稼働している施設があるという情報をいただいた
ので、視察をいたしました。

当時の受け応えの回答文をいただきましたので
報告いたします。

平成27年1月7日
長岡市環境部環境施設課

鎌倉市議会 行政視察 質問項目(回答)

1.バイオ施設の計画はいつから始めたか

・H16年10月から「ながおかのごみ改革」に着手。家庭ごみの一部有料化、資源物の分別収
集や集団回収、拠点回収等の資源化を実施し、ごみの減量化・/資源化の推進を図る。
・H17年度から、さらなる低炭素社会の構築と再生可能エネルギーの利用促進を図るため、
「燃やすごみを減らすこと」を最大の目的として具体的な検討を始める。
・「長岡市地域新エネルギービジョン」(H18年2月)で再生可能エネルギーの活用から「生
ごみを利用したバイオガス化プラント事業」は利活用性の高いプランの一つとして選定さ
れた。
・本市の一般廃棄物ごみ処理基本計画(H18年12月)及び総合計画(H19年3月)に組み
込み、生ごみバイオガス化事業を推進。

2.計画実行までの住民への対応について

@施設建設地への対応
・公共下水道の普及に伴い、休止していた旧し尿処理施設の解体跡地を活用。
・市の所有する施設(ごみ焼却場、下水処理場)の相互利用により、生ごみの処理が完結。
手間と経費の削減を図る。
A住民説明会
・都市計画の変更と合わせて、近隣町内会(約半径1km圏内)を対象に2回に分けて実施(H22
年1月)。大きく反対する意見は見られなかった。
B計画から建設直前までの期間
・着工前に同町内会を対象に施工業者同席による工事説明会を実施(H23年12月)

3.建設はいつからいつまで、その期間

・H24年1月からH25年6月までの1年5か月間

4.敷地面積、建設にかかった費用

・敷地面積…約1ha、
・設計・建設費…約19億円

5.ランニングコスト

・H25年7月からH40年6月まで15年間の運営・維持管理費は約28億円(年1.8億円)
・H25年度実績は約8,300万円

6.年間稼働日数と稼働していない日数

・発酵処理・・・274日(H25年7月〜H26年3月の全期間)
・受入処理・・・家庭系165日(週4日受入)、事業系224日(週6日受入)

7.点検の頻度と点検箇所

 (主要設備)
・ガスエンジン発電機・・・2,000時間毎(年2〜3回程度)
・汚泥乾燥設備・・・年1回
・脱臭設備・・・年1回

8..パッカー車のトン数とバイオ施設への運び込みの台数

・主に4tハッカー車(一部2 tハッカー、軽ダンプ有り)、全58台

9.臭気対策

・用途に適した脱臭方式を入札時の要求水準書で提示。
高濃度…薬液脱臭、燃焼脱臭(汚泥乾燥機)
低濃度…活性炭脱臭 

10..バイオガスの利用方法とその実態

・主に発電に利用(発電6割、汚泥乾燥2割、その他2割)。
・H25年7月からH26年6月まで発電した電力は自家消費し、余剰電力は隣接するごみ焼却
施設で利用。
・H26年7月から「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を活用し、余剰電力を地元電
力会社へ売電(発電量全体の約85%)。
・今後20年間にわたり、運営・維持管理費を年間約3,000万円程度軽減することができる。
・H25年度の発電量は約126万kWh、送電量は約66万kWh

11..生ごみの選別方法とトン数、その変動

・H25年4月から、一般家庭及び店舗・飲食店等の排出時に生ごみ等を分別、搬入された生
ごみはの前処理装置で機械分別され、有機物は次の調整・発酵工程にポンプ移送される。
・分別された発酵不適物はごみ焼却施設で焼却処理。
・1日あたり65 tの処理能力(発酵不適物10 t(15%)を含む)
・H25年度の生ごみ処理量は約10,900 t(平均40t/剛、うち発酵不適物は約2,500 t(不
適物率23%)。

12..バイオの残渣のトン数とその利用方法

・H25年度の乾燥残渣搬出量は約280 t (有機物量の約3%)
・発酵した後の残りかすは、脱水・乾燥したのも、セメント会社の燃料として有効活用。

13..バイオ施設の耐用年数

・国内での設置数や実績がまだ少なくはっきりしない。
・焼却施設は概ね25〜30年とされるが、それよりも長く使えるのではないかと考えている。

14..バイオ施設の休止の時の生ごみの格納待機と処理方法

・バイオ施設が長期休止する事態となった場合には、これまでと同様に焼却処理。

15..バイオガス発生への処理における菌の操作と処理方法

・発酵槽で発酵を安定させるための管理(温度、pH、ガス濃度 等)が重要。
・メタン菌を補給することはない。

16..ごみ分別と焼却ごみトン数の経年変化

・H25年4月から生ごみの分別が始まったことで、燃やすごみが約3割減少。また、市民の
分別意識も高まり、プラスチック容器包装材は約1割増加、古着・古布の回収量が約6割増加。

17..バイオ施設運営で一番困った点とその対処について

・施設の運営開始時は初期トラブルがあり、一つ一つ問題を解決しながら現在は安定稼働。
(施設立上げ時の初期トラブル)
・生物脱硫装置の充填材が閉塞したことによる臭気漏れ
→充填材の交換及び装置の再立上げにより復旧
・発酵槽の発酵不良(適正範囲pH 6.8〜7.6→酸性傾向に低下)
→pH低下傾向の防止措置(苛性ソーダ、微量金属の添加)により回復
・不適物(雑誌、衣類、長靴、ホース等)の混入があり分別機や破砕機等の停止が時々発生
→これらを未然に防ぐためには市民の協力が不可欠。引き続き、広報やごみ情報誌、市ホー
ムベージ等を通して周知活動を行う。また、排出事業者に対しては、運搬許可事業者を通
してチラシ等を配布し、分別の協力をお願いする。

                                      以上

 2015年04月21日      (火曜日)       16:04UP        曇         No.5631

 

 東日本大震災の津波災害を今一度思い出そう。

 2015年04月18日      (土曜日)       16:04UP      晴         No.5630

 

 鎌倉市内すべてのごみ・下水汚泥の焼却施設、山崎へ一極集中をめざす。

 2015年4月17日(金)9時30分から議会全員協議会室で松尾市長以下理事者サイドが
鎌倉の新焼却炉建設予定地を山崎浄化センター横の広場にすることを発表しました。
 私は山崎浄化センターにはすでに鎌倉市内すべての下水汚泥の焼却施設が稼働しており、さらに今後
鎌倉市内のごみ焼却施設を一本化して、ここに持ってくることは従来の地域における市民負担公平性の観点から
いかがなものか、また、鎌倉市の焼却施設の集中化はまちづくりの点においてどうなのか
疑問があると思っています。
 以下、翌日の新聞紙上に発表がありましたので紹介いたします。

  ごみ焼却施設 下水道用地に併設 鎌倉市長発表 YOMIURI ONLINE 2015年04月18日

鎌倉市:ごみ焼却施設候補地、山崎浄化センター内 /神奈川 毎日新聞 2015年04月18日
 鎌倉市の松尾崇市長は17日、2025年度の稼働を目指す新ごみ焼却施設の建設候補地を
市山崎浄化センター内の未活用地(同市山崎)に決定したと発表した。地域住民の理解を得た上で、
今年度内に概要を定めた基本計画を策定する方針。
 市環境部によると、新施設は敷地8000平方メートル、建築面積2400平方メートルで、
処理能力1日124トン(62トンの焼却炉2基)。焼却で得られるエネルギーを発電や熱供給などに
最大限活用し、大規模災害時に地域の復旧・復興を支える拠点となるようにする。総工費は
建設費高騰により、2年前の基本構想時より27億円多い、約87億円と見込んでいる。
 同市は昨年6月、新施設の候補地として、野村総合研究所跡地▽深沢地域総合整備事業区域内
市有地(JR東日本鎌倉車両センター跡地)▽山崎浄化センター未活用地▽深沢クリーンセンター用地の
4カ所を公表し、選定作業を進めてきた。松尾市長は決定理由について「大災害時でもごみ、
下水という生活に欠かせないインフラが確保できる点を重視した」と説明した。【因幡健悦】

  鎌倉の新ごみ焼却場 下水処理場隣接地に 25年度稼働目指す東京新聞 Tokyo Web 2015年4月18日

▼朝日新聞朝刊湘南版29面 2015年4月18日

 新ごみ焼却場

 候補地を選定

 鎌倉下水処理場内に

 鎌倉市は17曰、2025年度からの稼働を目指して
いる新しいごみ焼却施設の建設候補地として、山崎下
水道終末処理場(同市山崎)の敷地内の未利用地を
選んだと発表した。今後、住民説明会やパブリックコ
メントを実施。今年度中をめどに最終基本計画を策定
する予定だ。
 市によると建設用地は約8千平方b。1日62dの焼
却能力を持つ炉を2基建設する計画で、総事業費は約
87億円を見込んでいる。
 松尾崇市長は「下水道処理施設の隣に造ることで、
ごみ焼却で生まれた電気を下水処理施設に使えたり、
下水処理施設の水で、電気を起こす機械を冷やせたり
といった相互効果が期待できる。住民と対話を重ねて
信頼関係を築き、実現させていきたい」と話した。

▼神奈川新聞16面 湘南版 2015年4月18日

山崎に新焼却施設

災害時エネ活用も

鎌倉市、4候補地から選定

 鎌倉市は17日、2025年度の稼働を目指す新たな
ごみ焼却施設の建設地について、四つの候補地のうち
山崎浄化センター(同市山崎)敷地内の未利用地に決
定したと発表した。ごみ焼却により得られるエネルギ
ーを活用し、災害時の焼却と下水道処理両施設の動力
を確保する。
 市は、災害時のエネルギー活用やまちづくりの視点
から、同センター敷地内が妥当と判断した。一方、下
水道事業用地を転用することになるため、建設時に国
から補助を受けた用地費のうち最大約8億円を返還す
る可能性がある。そのため市は、ごみ焼却施設と下水
道処理場の一体利用による返還額の圧縮を模索する。
松尾崇市長は同日、市議会や周辺住民への説明会や
記者会見を開き、「この場所なら、二つの欠かせない
インフラ施設の稼働を災害時に確保できる。温浴施設
の併設など、歓迎される施設にしたい」と理解を求め
た。
 今後、住民への詳細な説明を経て基本設計や生活環
境影響調査、都市計画決定などを行い22年度の着工を
目指す。
 山崎浄化センター以外の候補地は、野村総合研究所
跡地(梶原)、深沢地域総合整備事業区域内市有地
(同)、深沢クリーンセンター(笛田)が挙がってい
た。                      (遠藤綾乃)

 2015年04月11日      (土曜日)       14:58UP      曇         No.5629

 

 鎌倉市内すべてのごみ・下水汚泥の焼却施設、一極集中ですか。

 「岡田りぽーとメモ電速報」No.5395、2013年6月13日の再掲です。

 山崎浄化センターでは何が行われているか。
汚水処理の他に鎌倉市内全域の汚泥の焼却が行われて
います。日量50トンの流動焼炉が動いています。
煙突は25bで注意して見ないとわかりにくい配置となっています。
焼却汚泥の重量比率は3〜4%へ減量化(重量比)され、セメント材料になっています。
焼却炉が一年間で動いている日は平成24年度で341日、平成23年度には333日でした。
▼鎌倉市山崎の下水処理施設

大きな地図で見る

 2015年04月10日      (金曜日)       21:28UP      雨         No.5628

 

 茅ヶ崎市、ふるさと納税記念品決まる

ふるさと納税 5日間で前年比4倍 タウンニュース 茅ヶ崎 2015年4月10日版


▼神奈川新聞 湘南16面 2015年4月9日版 転載

 サーフィン体験も

 ふるさと納税 記念品決まる

                         茅ヶ崎市

 茅ヶ崎市の「ふるさと納税」の記念品として、市内
18の企業、団体の商品43点が決まった。シラスや地ビ
ール、ちがさき牛のローストビーフといった地元の名
産品のほか、サーフィンなどが楽しめる体験型の記念
品も用意=写真。市は今月から申し込みを始めた。
 市外在住の個人で、1回1万円以上の寄付をするこ
とが条件。1万〜3万円、3万〜5万円、5万〜10万
円、10万円以上と、金額ごとに商品が変わる。市が1
月から参加事業者を募集し、寄付申し込みから商品
発送までの委託契約を結んだポータルサイト運営会社
と共に、地元らしい商品を選定。今月からスタートさ
せた。
 市財政課は「名産品だけでなく、実際に足を運んで
もらえるような商品を今後も増やしていきたい」と話
している。
 記念品は、ホームページ「ふるさとチョイス」と、
同課で配布しているカタログに掲載している。問い合
わせは同課()0467(82)1111(塩山 麻美)

なお写真は転載していません。絵文字の電話は「TEL」としました。

 2015年04月10日      (金曜日)       19:57UP      雨         No.5627

 

 ふるさと納税、新目安を総務省が公表

▼神奈川新聞17面 2015年4月8日(水) から転載

ふるさと納税、新目安公表

寄付上限2倍に拡大

 総務省は、応援したい自治体に寄付すると税金が軽
減される「ふるさと納税」について、年収や家族構成
別に減税対象となる寄付金額の新たな上限の目安を公
表した。本年度の税制改正で上限が約2倍に拡大した
ため。共働きで高校生の子どもが1人いる年収500
万円の人は、3万円から5万9千円になった。
 ふるさと納税は任意の都道府県や市町村に寄付する
と、2千円の自己負担を除き、住民税や所得税が減額
される仕組み。ただ住宅ローン減税など他の控除の状
況が影響するため、総務省は正確な上限額は住んでい
る市町村に問い合わせてほしいとしている。
 新たな目安では、夫婦どちらかが配偶者控除を受
け、高校生が1人の3人家族の場合、年収500万円
で4万6千円、年収800万円なら12万2千円が上
限。共働きで年収1千万円なら18万8千円となる。
 税制改正では、サラリーマンでも寄付しやすいよう
5自治体までの寄付なら確定申告も不要になった。自
治体によっては寄付の見返りに贈る特典の豪華さに注
目が集まっており、総務省は高額商品などの提供を自
粛するよう要請している。

 2015年04月08日      (水曜日)       22:13UP      曇         No.5626

 

 ふるさと納税にみる「収入とふるさと納税の相関」

総務省ふるさと納税ポータルサイトより
▲下記の数字を折れ線グラフ化してみると  ▼総務省ふるさと納税ポータルサイトより転載

 2015年04月07日      (火曜日)       22:28UP      晴         No.5625

 

 ふるさと寄附金制度活用トップの平戸市の場合

 長崎県平戸市の場合、有効期限なしのポイント制 1万円で4000ポイント、 独自のポータルサイトの開設や
関連団体の組織化などが奏功しているようです。 日々の工夫が欠かせないと思います。

 2015年04月06日      (月曜日)       03:07UP      晴         No.5624

 

 ふるさと寄附金新制度の臨時的活用

 ふるさと寄附金新制度が4月1日から始まりました。
臨時的活用で神奈川県三浦市と長崎県平戸市に各々一万円の寄付をしました。
 平戸市は『特典(特産品)の選択については、お振込確認後、「ふるさと納税カタログ」を郵送させていただきますので、カタログの中からお選びください』
とのことで注文もワンクッションありました。三浦市の方はふるさとチョイスから直接の注文が可能となっています。
 下記のものは平戸市への寄附金申し込みに対する返しのメールです。

 2015年04月06日      (月曜日)       02:49UP      晴         No.5623

 

 4月1日からのふるさと寄附金関係改正点のポイント

4月からふるさと納税制度改正!こう変わる、を解説!ふるさとチョイスから

 2015年04月05日      (日曜日)       17:14UP      曇         No.5622

 

 総務省がふるさと納税ポータルサイトを開設

総務省 ふるさと納税ポータルサイト
 政府はやってますね。鎌倉も早くから気づいていたはずなのに取り組みが緩慢すぎます。
これじゃ、不満は鬱積してきます。
幹部の責任は大きいと思います。
 後発組だから、その分立派にやってもらいたいと思います。
 毎日、税金は「ふるさと納税」逆回転で他市町村などへ垂れ流し状態になっているんじゃないでしょうか。

 2015年04月04日      (土曜日)       12:46UP      曇         No.5621

 

 ふるさと納税が4月1日から制度一新

▼朝日新聞23面 神奈川湘南13版 2015年4月4日(土)

記念品に地場産品・サーフィン体験…

茅ヶ崎市、ふるさと納税拡充

 茅ヶ崎市は1日から、ふるさと納税をした人に記念
品の提供を姶めた。これまで年間数件にとどまってい
た現状を打開するためで、シラスやちがさき牛など自
慢の地場産品のほか、サーフィン体験など同市ならで
はの43品をそろえた。
 ふるさと納税は、自治体の2千円を超える寄付に
税控除が受けられる制度で、歳入確保と地場産品の
PRを目的に、各自治体が特典に知恵を絞っている。
 茅ケ崎市の場合、対象を市外在住者に限り、1万円
以上の寄付者のみ記念品が選べる。
海産物や地ビール
などのほか、5万円以上の寄付者には、職人の指導で
ウェットスーツを手作りし、サーフィンをする体験
チケットなどユニークなものも。「茅ケ崎に興味を持
ち、お越し頂けるきっかけになるようなものを工夫し
た」という。
 ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」や
郵送、ファクスなどで申し込む。問い合わせは市財政課
(0467・82・1111)。(足立朋子)

▼神奈川新聞26面 2015年4月4日(土)

ふるさと納税

 前年比9%増

 「ふるさと納税」による地方自治体への2013年の寄
付額は、前年比9%増の141億9千万円だったことが、
総務省の調べで3日、分かった。ふるさと納税は、
応援したい自治体に寄付すると居住地の住民税などが
減額される制度。自治体がお礼に贈る特典の充実や、
認知度が上がったことが増加の原因とみられる。
 寄付した人は26%増の13万3928人で、居住地の都道
府県別で金額が最も多かったのは、東京の38億1千万円。
次いで神奈川が12億8千万円、大阪が12億円、愛知が7
億6千万円で、大都市圏が上位を占めた。総務省は寄付先
の自治体別では集計していない。

特典や認知度向上要因

 ふるさと納税は、都市部への税収の偏りを是正する目的で
08年に創設、1年目の寄付額は72億6千万円たった。
東日本大震災が発生した11年に被災自治体への寄付が増え、
649億1千万円を記録した。
 政府が掲げる「地方創生」の一環で、4月から減税対象
となる寄付の上限が2倍になったため、寄付の大幅増が見
込まれる。

 2015年03月31日      (火曜日)       10:12UP      晴         No.5620

 

 海の家、営業時間を巡る協議、決裂一転 午後8時30分で合意

鎌倉「海の家、夜8時半まで」 組合側が市に譲歩 カナロコ 2015年3月31日 Yahooニュース

鎌倉 海の家「夜8時半まで」YOMIURI ONLINE 2015年3月31日

▼東京新聞26面 2015年3月31日

鎌倉海の家営業時間 決裂一転

「午後8時半」で合意

「条例化」撤回

 鎌倉市内の海水浴場の海の家の営業時間について、
市と海の家業者でつくる「鎌倉市海浜組合連合会」
は三十日、市役所で話し合いを行い、「日の出から午
後八時半まで」とすることで合意した。
 前回の話し合いは、市側が「午後八時半まで」を、
組合側が「昨年と同じ午後十時まで」を主張し、決
裂。松尾崇市長は「(午後八時半までと定める)条例
を制定する」と明言し、準備を進めていた。その後、組合
側から話し合い再開の申し入れがあり、三十日は組合
側か午後八時半までを受け入れて、市側も了承した。
 松尾市長は「条例化はしない」と発言を撤回。市側
は、音量規制の範囲で海の家がライブハウス型の営業
を行うことも認めた。

▼朝日新聞29面 神奈川 湘南版 13版 2015年3月31日  

鎌倉の海の家夜8時半まで

   市と業者、営業時間で合意

 鎌倉市と、海の家の業者らでつくる市海浜組合連合
会は30日、今夏の海の家の営業時間を「午後8時半ま
で」とすることで合意した。組合側は昨年同様の
「午後10時まで」を主張。市は条例による営業時間の
規制を視野に入れ、組合側も法的手段を検討するなど
対立が続いていたが、組合側が市の主張を受け入れ
た。
 この日の協議で連合会の増田元秀代表は「組合員の
意見を聞いたところ、このまま対立を続けるのは我々
にとっても、市や観光全般にとっても良くないとの意
見が多かった」と述べた。
 松尾崇市長は「これで時間規制の条例化をせずにやっ
ていける」と述べた。

 2015年03月16日      (月曜日)       08:42UP      曇         No.5619

 

 鎌倉市と海の家、営業時間を巡る協議、決裂

▼朝日新聞湘南版 神奈川37面 2015年3月16日(月) 転載

海の家営業短縮

鎌倉市が条例も

 市長、協議決裂で表明

 海の家の営業ルールをめぐる鎌倉市と市海浜組合連
合会との話し合いが15日に行われた。海の家の営業時
間を「午後8時半まで」と求める市に対し、昨年同様
の「午後10時まで」を主張する組合側が譲らず、協議
は決裂した。松尾崇市長は「『規制の緩い鎌倉の海』
というイメージを払拭するためにも営業時間の短縮は
必須」として条例での規制も視野に対策を立てる方針
を示した。
松尾市長は「住民や警察関係者から営業時間の短
縮を求める声が根強い。隣の逗子市は午後6時半、藤
沢市は午後8時半までで、横並びにすることで風紀
の乱れを防ぐという観点からも短縮が必要」と主
張。組合側は「10時というのは長い歴史があって落ち
着いた時間。警備態勢強化を計画しており、今夏の状
況を共同で調査し、その結果を受けて決めるべきだ」
として合意に達しなかった。

▼神奈川新聞23面 2015年3月16日(月) 転載

鎌倉・海の家 営業ルール

市と組合交渉決裂

市長が条例規制検討表明

 鎌倉市内の3海水浴場の海の家の営業ルールをめぐ
り、市と市海浜組合連合会による2回目の直接協議
が15日、市役所で行われた。営業時間をめぐり両者
は折り合わず、交渉は決裂。松尾崇市長は条例によ
る規制を検討すると表明した。
 海の家の営業時間は現在、条例などの規定はなく、
組合側の営業ルールに任されている。市は、昨夏まで
の治安・風紀の悪化を背景に、営業時間を午後8時半
までに短縮することを要望。これに対し組合側は、
現行の同10時までを維持すると主張していた。
 この日の協議で松尾市長は、近隣住民や鎌倉署など
から短縮を求める声が出ていることに触れ、その必要
性を重ねて主張したが、組合側も譲らない姿勢をあら
ためて強調。協議は15分足らずで打ち切られた。
市は冒頭、ライブハウス営業は認めるという譲歩を
見せたが、交渉が決裂したことを受け、白紙に戻すと
した。
 協議後、松尾市長は「昨夏までの状況を踏まえ、営
業時間を変更せず今夏を迎えることは非常に難しい。
その危機感を 共有できなかったことは残念だ」と述べ、
午後8時半での閉店を実現するため条例化などを検討
していくと明言した。
 一方、由比が浜茶亭組合の増田元秀組合長も「われ
われの営業権を侵すものに対し屈するわけにはいかな
い。どんなことをしてでも戦っていく」と対抗姿勢を
示した。
 海水浴場の規制をめぐっては、来場者に対し砂浜で
の飲酒などを禁止する条例改正案が4日、市議会の全
会一致で可決されている。
(遠藤 綾乃)

▼東京新聞 26面 2015年3月16日(月) 転載
鎌倉市「海の家営業時間短縮」

組合との協議決裂

 鎌倉市に三つある海水浴場の海の家の営業について、
時間短縮を求める鎌倉市と、反対する海の家側は
十五日、市役所で二回目の話し合いをした。溝は埋ま
らず、協議は決裂した。
 松尾崇市長は冒頭「営業時間を午後八時半までとし
たい」とあらためて求めた。しかし、海の家を運営
する市海浜組合連合会の増田元秀代表は「現行の午後
十時は譲れない。これ以上、話し合いをしても仕方
がない」と反発した。
 松尾市長は続いて「しかるべく対応する」と述べ
た。この対応を営業時間を定める条例改正と受け止め
た増田代表は「徹底的に反対する」と応酬、双方とも
に話し合いを打ち切った。
松尾市長は直後の記者団の質問に「条例化をめざ
す」と、手続きに入る考えを表明した。
 市議会で「海水浴場のマナーアップ条例」の改正案
を審議した今月四日、一部の議員から提出された「営
業時間午後八時半まで」を盛り込む修正動議は否決さ
れており、条例化の行方は分からない。(草間俊介)

 2015年03月12日      (木曜日)       16:01UP      晴       No.5618

 

 鎌倉市の救急搬送の状況

 鎌倉市の救急搬送を「消防年報」過去5年分から見ると次の表のようになります。下に訂正表があります。
▲を▼のように訂正します。赤字が訂正部分です。お詫びいたします。

 2015年03月08日      (日曜日)       18:31UP      曇       No.5617

 

 来年度予算で3Dの動画を作成し、市民への地震・津波等啓発活動をやると言うが・・・

 来年度予算で風化しつつある地震・津波に対する市民啓発活動を行う予定とのことですが、
過去に14.5bの津波に対する動画は作成されていません。
 今度、神奈川県から提出された首都直下型地震(相模トラフの西側のケース)では過去80分で
最大波高14.5bがくるとした(慶長型地震)ものよりも波高は同じであっても10分で来るというもので、深刻です。
3Dで来年度、動画作成するとしたら、今度こそ、10分で14.5bの波高の津波が海岸沿いに押し寄せる
というものは含まれなくてはならないと思います。

▼鎌倉市平成27年度予算事項別明細書の内容説明

 2015年03月08日      (日曜日)       18:03UP      曇       No.5616

 

 過去の津波避難シミュレーション動画に最大波高14.5bの慶長型地震による津波動画はない。

 2015年03月07日      (土曜日)       22:01UP      曇       No.5615

 

 過去の津波避難シミュレーション動画を見ると、新たな避難行動を考えなくてはならない。

 更新日:2013年10月28日の津波避難シミュレーション動画が鎌倉市のホームページに
掲載してあります。その動画は2パターンのシミュレーション(県想定明応型地震(冬の平日朝5時)と
南関東地震(夏の休日午後2時))で、今度の14.5bの津波が10分で来るということを考えて、
当時の動画を見ると避難行動を根本から考え直さなくてはならないようです。

▼過去の鎌倉市の津波避難シミュレーション動画の範囲は赤で囲った地震・津波の種類

 2015年03月06日      (金曜日)       02:47UP      晴       No.5614

 

 14.5メートルの津波が10分でやってくるが、その前に3波(訂正、4波)の津波がやってくる。

 神奈川県は平成27年2月27日に「最大クラスの津波による浸水予測の見直し結果について」を
記者発表しました。その中の添付資料3は「津波浸水予測について(解説)」で、25ページに下図
のように津波の波高と到達時間が示されていました。
  この資料は想定外をなくすための資料で、今後はこの知見を元にした対策がなされる予定です。
4(⇒5)波目が最大津波高さで14.5bで到達時間は以前の予想80分から10分に短縮されています。
 重要なことは最大波高が4(⇒5)波目で、その前に(1.5〜2b)、5b、8b、6bの津波がやってきて、その後に
最大波高14.5bの津波がやってくることで、津波・地震対策の今まで以上の対策が行われなければ
ならないと言うことです。5(⇒6)波目も10メートルの津波が押し寄せます。 印はこちらでつけました。
 ※赤字は訂正(2015年3月8日)
▼上記の訂正(2015年3月8日訂正)
一波は、直ちに1.5bから2bの津波がやってくる。
二波は5b、三波は8b、四波は6b、五波が最大津波の14.5b。
各々到達時間は地震発生と同時、2波は約7分、3波は8分、4波は約9分、最大波の5波は10分。

 2015年03月02日      (月曜日)       13:20UP      晴       No.5613

 

 他市に負けてられない。さあ、頑張ろう。

 下記のグラフを見ると一目瞭然ですが、鎌倉市への寄付と鎌倉市外への寄付が
約10倍です。鎌倉市に寄付していただくコンセプト、アイデアなど力を入れて
取り組まないとと思います。ふるさと寄附金制度の取扱いが簡素化されたら
税金がだだ漏れでは困ります。この点も考慮しなくてはならない事項の一つと思います。

 2015年03月02日      (月曜日)       00:35UP      晴       No.5612

 

 ふるさと寄附金制度(平成27年度予算事項別明細書の内容説明から)

 来年度からやっと「ふるさと寄附金制度」の実質的動きが見られるようになります。
実質的動きの中には市税外収入の確保、既存の産業の支援、生活者の生活支援など
方針の確定が必要だし、市外の人にだけ「ふるさと寄附金制度」の活用を認めるのか、
市内の人にも認めるのか、その場合、市税外収入の確保の観点から考えると妥当なのか、
或いは既存産業のてこ入れという観点から考えるとどうなのか、また、生活者支援という観点から
考えるとどうなのか、様々な観点からの絞り込みが必要だと思います。
 ひと言に「ふるさと寄附金制度の活用」と言っても考えなければならない事項がたくさんあります。
 この事業に実質的に係わると鎌倉というまちの実相にふれることが出来ると思います。
おもしろい事業展開が出来る事業なので大切に育てていきたいし、育って欲しいと思っています。

 2015年02月28日      (土曜日)       14:49UP      晴       No.5611

 

 日常の記事は次の所をクリックしていただければ分かります。。

日常の記事は次のところでご覧いただけます。ここをクリックしてください。
▼新たな知見による鎌倉市への津波到達時間と波高
 とても重要な情報と思います。


TOPページへ戻る